レッドブルF1のセルジオ・ペレスが語る「フェルスタッペンとのドライングスタイルの違い」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのF1マシンには慣れたが、自分とチームメイトのマックス・フェルスタッペンとの間にはドライビングスタイル面でまだ多くの違いがあると認める。

レッドブル・レーシングの初年度はこれまでと特性の異なるレッドブルのF1マシンに苦戦していたセルジオ・ペレスだが、新世代F1マシンに生まれ変わった今年は、純粋なペースでマックス・フェルスタッペンに近づき、1勝と5回の2位フィニッシュを達成してランキング3位を維持している。

シーズンの折り返し地点を終えて、セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンに85ポイント差をつけられているが、全体的なフォームには勇気づけられていると語る。

「チームで2年目になり、レギュレーションの変更は間違いなく私を助けたと思う」とセルジオ・ペレスはRacingNews365に語った.

「良い改善だった。今シーズンはより快適に車に乗れていると思う」

マックス・フェルスタッペンと比較して、F1マシンをどのように運転するかという点で、セルジオ・ペレスは、しばしばセットアップで「異なるものを探している」と説明する。

マックス・フェルスタッペンが車にもっとオーバーステアを望んでいること、よりシャープなフィーリングを望んでいることについて質問されたセルジオ・ペレスは「非常に近いこともあれば、非常に近い週末もあるし、それほど近くない週末もある」と語る。

詳細を共有するよう求められたセルジオ・ペレスは「スロットルのかけ方とブレーキのかけ方を見れば、それが僕たちの最大の違いだ」と語った。

「でも、それ以上にドライバーのドライビングスタイルの違いを比較するのは非常に難しいと思う。なぜなら、それは毎回違うからだ」

2人はRB18に「違うもの」を望んでいるにもかかわらず、セルジオ・ペレスは、それが結果としてマシン開発がレッドブルにとってより挑戦的にしているとの見方を否定した。

「いいや、僕たちは両方とも車の方向性をプッシュしている」とセルジオ・ペレスは語った。

「結局のところ、チームは開発を行っており、毎週末、それを最大限に活用しようと努力している」

レッドブル・レーシングがどのようにRB18のバランスを改善し、シーズン後半にタイムを稼ぐことができるかについて、セルジオ・ペレスはシンプルな答えを示した。

「全体的に改善して、すべての領域でもう少し完全になるように努めることは良いことだ」とセルジオ・ペレスは総括した。

セルジオ・ペレス F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / マックス・フェルスタッペン