レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「F1引退を考えるにはまだ若すぎる」
セルジオ・ペレスは、F1のライバルであるセバスチャン・ベッテルに続いてF1引退を考えるには「若すぎる」と語った。

4回のF1ワールド チャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルは、202 年シーズンの終わりに35歳で自身のF1 キャリアに終止符を打った。

セルジオ・ペレスは、現在32歳だが、最近延長されたレッドブル・レーシングとの契約が切れる 2024年末にはほぼ35歳を迎える。

「2024年まで契約が残っている」とセルジオ・ペレスはSport Bildに認めたが、「それでキャリアを終えるとは想像できない」と語る。

「たとえスポーツに多くの時間を費やしたとしても、そういうものだ。F1はあなたの人生になるだろう」

「でも、私は辞めるには若すぎるし、まだ楽しんでいる」とセバスチャン・ベッテルと同じように結婚して子供がいるセルジオ・ペレスは付け加えた。

しかし、セルジオ・ペレスはF1から離れる時が来ても「それは私にとって難しいことではない」と主張する。

その理由についてセルジオ・ペレスは「僕の人生の最高の瞬間は子供の誕生のようなレースとは何の関係もないことだからだ」とコメント。

「でも、シンプルなことでさえ、僕にとっては大きな意味がある。メキシコで20ペソのタコスを手に入れて、家族と過ごす時間は、F1では経験できない瞬間だ」

セルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが現在のF1ワールドチャンピオンであるにもかかわらず、世界選手権を獲得するという彼の目標はまだ完全に損なわれていないとさえ語る。

「マックスを含め、F1の誰にでも勝つことができると思っている」とセルジオ・ペレスは主張する。

「今シーズンは何度かそれを示してきたけど、残念ながらそれだけでは成功を確信することはできない。マックスは信じられないほどのクオリティを持っているし、年齢の割には非常に落ち着いていて、マシンに対して非常に良いフィーリングを持っている」

「だから問題は、1週間で彼を倒すことができるかどうかではなく、彼の前で何レースを終えることができるかだ。それには一貫性が重要だ」

「それがチャンピオンを誕生させる」

実際、2022年に力強いスタートを切った後、セルジオ・ペレスは明らかにマックス・フェルスタッペンに遅れを取り始めており、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコからいくつかの叱責を受けている。

「シーズンの初めは、車の調子はとても良かった」とセルジオ・ペレスは認める。

「今は適応しなければならない。今はマックスの方が合っているし、シーズンの初めに持っていた方向にもっと進むことを望んでいる」

「そうすればまた本当に攻撃できる。でも、もし、僕がそのようなトップカーに乗っていなかったら、おそらくこのスポーツに参加していなかっただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル