セルジオ・ペレス 「レッドブルF1加入へのメディアのプレッシャーは強烈」
レッドブルF1のセルジオ・ペレスは、2021年にマックス・フェスタッペンのチームメイトとして加入したチームとの初シーズンのメディアからのプレッシャーは非常に“強烈”なものだったと語る。

セバスチャン・ベッテルの加入によってアストンマーティンF1(当時はレーシング・ポイント)のシートを失ったセルジオ・ペレスだったが、2021年に先立ってレッドブル・ホンダF1に加入した。

レッドブル・ホンダF1の新しい環境に慣れるのに時間がかかったセルジオ・ペレスだったが、そこからステップアップを果たし、F1アゼルバイジャンGPで優勝。シーズンで合計16回のトップ10フィニッシュを果たし、最終戦F1アブダビGPでのルイス・ハミルトンを抑えるパフォーマンスを含め、マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得に貢献した。

セルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンだけでなく、レッドブル・ホンダF1に加入したことに対するメディアのプレッシャーは物凄いものだったと語る。

「とても強烈だったね。かなり強烈だった。多くの作業が舞台裏で行われ、多くのプレッシャーがありました」とセルジオ・ペレスはGPFansに語った。

「レッドブル・レーシングにいると、プレッシャーがかかるし、何をするにも誰もが見守っている」

「メディアはレッドブルのドライバーにはるかに厳しい。それは理解できるけど、簡単ではなかった。でも、それは僕を別のレベルに導いた」

セルジオ・ペレスは、昨シーズンに初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンとともにレッドブルの一員だったことをうれしく思っていると語る。

「マックスがチームメイトにいると、彼は自分を新しいレベルに押し上げてくる。それは本当にハッピーにしてくれる」とセルジオ・ペレスはコメント。

「キャリアのこの時点で僕はそれをとても楽しんでいる。本当にハッピーだ。それが最も重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1