セルジオ・ペレスの自分のレースを捨てた防御に批判の声も / F1アブダビGP
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスのF1アブダビGPでのレースは“スポーツマンシップに則っていない”とベテランドライバーであるセバスチャン・ブルデーは批判する。

セルジオ・ペレスは、F1アブダビGPの決勝で究極のチームプレイに徹し、初のF1ワールドチャンピオン獲得を目指すマックス・フェルスタッペンが追いつくのを助けるためにルイス・ハミルトンを6秒以上ホールドした。

ルイス・ハミルトンがピットインした後、セルジオ・ペレスはスタートタイヤのソフトタイヤでステイアウトし、前に留まるために懸命に戦った。数回前に出たれたが、ストレートでバッテリーパワーを最大に使ってコース幅ギリギリで抜き返した走りは圧巻だった。

マックス・フェルスタッペンは『チェコは伝説だ!』と叫び、彼のレースエンジアは『完全にアニマルだ』と答えた。

最終的にこのセルジオ・ペレスの頑張りが、ニコラス・ラティフィのクラッシュでセーフティカーが入った際、マックス・フェルスタッペンをルイス・ハミルトンのピットウインドウ内に留まらせ、フェルスタッペンの新品ソフトへの交換と劇的な最終ラップでの逆転劇に繋がった。

セルジオ・ペレスの懸命の防御は、マックス・フェルスタッペンのF1タイトル獲得を願うレッドブルのファンとアンチ・ハミルトンには絶賛されたが、必ずしもすべてがそういう見方をしているわけではない。

4度のチャンピオンカーチャンピオンであるセバスチャン・ブルデーは、セルジオ・ペレスのドライビングはフェアではないと思うと語った。

「みんなレースが好きだと思う。あれはBS(むちゃくちゃ)だった!」とセバスチャン・ブルデーは、セルジオ・ペレスの防衛を称賛したウィル・バクストンのツイートに反論した。

「ペレスが自分自身にどのように満足できるか、そして、人々が彼のしたことをどのように称賛するかを理解することができない」

「意図的に減速し、あらゆる汚いトリックを使ってハミルトンを妨害した。チーム全体のスポーツマンシップはゼロだ」

セバスチャン・ブルデーは元F1ドライバーであり、2008年と2009年にトロロッソをドライブするためにレッドブルに採用された。そして、2009年末でハイメ・アルゲルスアリにシートを奪われてF1を去った。

セバスチャン・ブルデーは、他のコメンテーターともツイッターで激論を交わした。

「彼らはペレスのレースを完全に犠牲にして、彼をそのポジションに置いた」とセバスチャン・ブルデーは語る。

「邪魔をするためにラップごとに意図的に秒数を失ていた。もう一度よく見てほしい・・・彼は前に留まろうとしたわけではない。ルイスをできるだけ遅くしようとしただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1