レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「RB16Bで独自のセットアップを試し始めている」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、シーズン序盤はマックス・フェルスタッペンのセットアップをコピーしていたが、RB16Bへの自信が高まったことでようやく“自分の方法”でセッティングを試し始めていると語った。

今年からレッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、レッドブルのハイレーキ・コンセプトの独特のハンドリング特性に対応するという困難な課題に直面。以前のドライビングスタイルは適していないことを認め、最大限に生かすためにアプローチを再考する必要があった。

セルジオ・ペレスは、セッティングを変更しすぎて迷子になるリスクを回避するためにチームメイトのマックス・フェルスタッペンが走ったセットアップを採用するというアプローチを採っていた。

しかし、RB16Bへの自信が高まってきたことで、完全にマックス・フェルスタッペンと違うことをしているわけではないが、自分自身の方法でいくつかのセッティングを試し始めているとセルジオ・ペレスは語った。

セルジオ・ペレスは、レッドブル・リンクでの2連戦が、自分自身のことを実験し、マシンのセットアップをさらに探求する絶好の機会だったとし、マックス・フェルスタッペンのマシンに先に最新のアップグレードが投入されて2台が同じ構成ではなかったことで、自分で考えることがさらに重要だったと述べた。

「僕たちマシンでたくさんのことを探索した」とセルジオ・ペレスは説明した。

「僕たちが持っていたリファレンスからマシンをより把握することにこの機会を利用した。それで、最終的には適切な調整ができた」

「自分のやり方、自分の方向性を徐々に見つけ始めている」

「2台が同じスペック、同じ空力スペックではない場合、セットアップを比較するのは難しい。したがって、このようなケースでは独自のルートを使用することが重要だ」

セルジオ・ペレスは、オーストリアでのある時点では自分のセットアップはマックス・フェルスタッペンとは完全に異なっていたが、最終的には折衷案のソリューションに戻し、それが全体的なペースの点で彼に適しているようだったと語った。

セルジオ・ペレスがF1オーストリアGPで表彰台を獲得するという希望は、レースの早い段階でランド・ノリスとのバトルでコース外に追いやられたことで打ち砕かれましたが、予選では両方のメルセデスを上回っており、全体としてより有望な週末だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1