セルジオ・ペレス 「2021年はレッドブルF1かレースをしないかの2択」 / F1バーレーンGP 木曜記者会見
レーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスは、2021年はレッドブル・ホンダでレースをするか、もしくはまったくレースをしないかのどちらかであることを確認した。

現在、ドライバーズランキングで4位に位置し、ミッドフィールドバトルをリードしているセルジオ・ペレスだが、2021年のレーシング・ポイントのシートを保持するのは十分ではなかった。チームはアストンマーティンとして再スタートするドライバーとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを選んだ。

セルジオ・ペレスにとって、2021年はレッドブル・ホンダが唯一の選択肢のように思われる。レッドブルもニコ・ヒュルケンベルグとともにペレスを検討していることを示唆している。

しかし、レッドブル・ホンダのF1シートを獲得できなかった場合、セルジオ・ペレスは他のカテゴリーでレースをすることはないと語った。

「選択肢は1つしかない。僕はここに何年もいるし、これからも続けていきたい。キャリアのピークに達していると思う」とセルジオ・ペレスはF1バーレーンGPの木曜記者会見で語った。

「でも、理由があり、計画を立てて、良いプロジェクトを続けていきたい。100%モチベーションを維持できる良いプロジェクトがないのであれば、やめたほうがいいと思っている」

「来年F1シートがない場合は、他のことはしないと思う。自分がやりたいこと、本当にそれを恋しく思っているかを考えることに1年を費やしていくつもりだ」

「他の大部分のドライバーは、引退しても6か月後には気が狂うほど退屈になり、可能なことは何でもしたいという状況になっている。だから、見てみなければならない。人生でそういったことを経験したことがないからね」

「スポーツ外の人生にも目を向けなければならないと思っている。それがどんな感じか、僕にどれくらい合っているのか、そして、それを恋しく思うかどうか、もしくはその人生を続けたいかどうかを見極めなければならない」

レッドブルは、F1アブダビGPでシーズンが終了するまで決断を下すことなく、アレクサンダー・アルボンに2021年のF1シートにふさわしいことを証明するためにできるだけ長く時間を与えている。

したがって、セルジオ・ペレスはシンプルに“彼らがどのような決定をするか待っている”状況となっている。

「僕の手に負えることではない。だから、僕としてはいつものようにこれからの3レースにアプローチして、仕事に集中し、結果を出し続けたいと思っている。残りは私の手に負えることではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / レーシングポイント