セルジオ・ペレス、ピエール・ガスリーを非難 「愚かな動き」 / F1日本GP 決勝
レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1日本GPのファイナルラップで接触したピエール・ガスリーを“愚かな動き”だと非難。最終的にクラッシュしたペレスはすでにチャッカーが振られていたことで9位を維持し、ガスリーもペナルティを免れた。

ファイナルラップで、セルジオ・ペレスは8位をかけてターン2のアウトサイドからピエール・ガスリーに仕掛けたが、接触してスピンし、バリアにクラッシュした。

チェッカーグラッグパネルのエラーによって、レースリザルトはその前の周のものが適用され、セルジオ・ペレスは9位を維持することができた。インシデントは理論的にレース終了後に発生したが、F1レースディレクターのマイケル・マシは調査中だとしていた。

スチュワードは、接触に対して“完全に過失を犯したドライバーはいない”と判断し、それ以上のアクションをとらないことを選択した。

「両方のドライバーが接触に関与した。11号車(ペレス)はわずかに前にいて、ターン2のエイペックスに向かってトラックのアウトサイドの狭いラインをとった。一方、トラックの内側にいた10号車(ガスリー)は11号車が完全に見えていなかった可能性があり、接触前にエイペックスを通過するのに可能な限りタイトなラインはとっていなかった」

9位が確定する前のレース直後、セルジオ・ペレスは“僕たちの努力を台無しにした”と非難していた。

「不必要な接触だったと思う。僕は前にいたし、彼に十分なスペースを与えていた。彼のクルマは縁石にさえ乗っていなかったのを見れば、僕はフレッシュなタイヤでかなり前にした。レースの最終ラップで彼がしたことは非常に愚かだったと思う」

「彼は罰せられないで済んだ。とても幸運だったと思うけど、彼は自分のレースを台無しにしてポイントを失ったかもしれない。自分がポジションを失ったことを受け入れなければならないポイントというものがある」

「あのような動きは、(ダニエル)リカルドが僕に二度やっていた。僕が引かなければ、同じ事故を起こしていただろう」

ピエール・ガスリーは、映像をよく見るまでインシデントに対しるセルジオ・ペレスの非難を評価することに消極的だった。

「誰かを非難する前に、自分に何か違うことができたのか、もしくは彼に違うことをしたのかをまずは見たい」とピエール・ガスリーはコメント。

「彼がそこにいるのを見えて、もう少しスペースを与えてくれることを期待していた。でも、言ったように、僕はむやみに彼を責めたくはない。まず映像を見て、すべてをレビューしたい」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ピエール・ガスリー