セルジオ・ペレスの2012年10月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン 「セルジオ・ペレスはまだ学習過程」

2012年10月31日
マクラーレン
マクラーレンは、2013年に加入するセルジオ・ペレスの最近の波乱の多いレースに対して懸念はないと主張している。

F1日本GP前にマクラーレンと契約したセルジオ・ペレスだが、以降3レースではポイントを獲得していない。日本ではスピンリタイア、韓国では1周目のクラッシュに関与し、インドではダニエル・リカルドとの接触によるパンクが原因でリタイアしている。

セルジオ・ペレス:F1アブダビGP プレビュー

2012年10月29日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (ザウバー)
「アブダビは僕にとって非常に特別な場所だ。初めてF1カーに乗った場所だからね。ほんの2年前のことだけど、テストはかなり昔のことのように思える。F1では、時間が経つのがとても早い。このコックピットを得るために本当に一生懸命に働いてきたし、その瞬間はあらゆる特別な感情が込み上げてきたのをとても良く覚えている」

セルジオ・ペレス、金曜フリー走行1回目不参加に不満

2012年10月27日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、F1インドGPの金曜フリー走行1回目に参加できなかったことに対して不満を述べた。

来季、セルジオ・ペレスはマクラーレンへの移籍が決定している。

ザウバーは、セルジオ・ペレスが体調不良だとして金曜フリー走行1回目から外し、来年レースシート昇格が噂されるエステバン・グティエレスを走らせた。

セルジオ・ペレスが体調不良、代役としてグティエレスが待機

2012年10月26日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、風邪によりF1インドGPの金曜フリー走行を見合わせる可能性が出てきた。

セルジオ・ペレスは、体調不良を理由に木曜日のメディア取材をキャンセルしている。早めに滞在先のホテルに戻った。

セルジオ・ペレスの症状は、イベントすべて欠席するほどではなさそうだが、ザウバーはいかなる可能性も除外していない。

セルジオ・ペレス:F1インドGP プレビュー

2012年10月19日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1インドGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (ザウバー)
「残り4戦しかなくて、シーズンはまもなく終了するなんて信じられない。コンストラクターズ選手権を5位で終えるために20ポイント差であることはやらなければならない仕事がかなりあるということだ。インドでのレースは韓国よりも僕たちに合っていると思うし、僕たちのクルマは速いと思う」

マクラーレン、セルジオ・ペレスの日本GPでのミスは「心配ない」

2012年10月11日
セルジオ・ペレス
マクラーレンは、新たに契約を結んだセルジオ・ペレスがF1日本GPでスピンリタイアしたことをそれほど気にしていないと述べた。

F1日本GPは、セルジオ・ペレスにとって、2013年にルイス・ハミルトンに代わってマクレーレンに移籍することが発表されてから初めてのレースとなった。

しかし、チームメイトの小林可夢偉が表彰台を獲得した一方で、セルジオ・ペレスは多くの事故に関与。最終的にルイス・ハミルトンとのバトル中にヘアピンでスピンし、リタイアした。

セルジオ・ペレス:F1韓国GP プレビュー

2012年10月9日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (ザウバー)
「霊岩のトラックレイアウトはかなりチャレンジングだ。いくつか高速コーナーがあって、全体的にかなりの種類のコーナーがある。なので、良いリズムを見つけるのは簡単ではないけど、それが良いラップタイムを刻むためには重要だ」

セルジオ・ペレス 「数週間前からマクラーレンと交渉していた」

2012年10月4日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、マクラーレンとの交渉が始まったのは数週間前だったことを明かした。

セルジオ・ペレスは、ルイス・ハミルトンのメルセデス移籍で空白になったシートを埋めるカタチで2013年からマクラーレンに加入する。

マクラーレンへの移籍はかなり素早く決まったように見えるが、セルジオ・ペレスはしばらくの間マクラーレンのチーム代表と議論を続けていたと述べた。

マクラーレン 「セルジオ・ペレスは移籍初戦での優勝も可能」

2012年10月4日
セルジオ・ペレス
マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、来年セルジオ・ペレスがマクラーレンでの初レースで優勝を争うことも可能だと考えている。

セルジオ・ペレスは、マクラーレンを離脱したルイス・ハミルトンの後任として2013年からマクラーレンに加入する。

セルジオ・ペレスは、F1での2シーズン目となる今年3度の表彰台を獲得。マーティン・ウィットマーシュは、マクラーレンでのデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPから優勝争いをしてもおかしくはないと述べた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム