アンドレッティ、既存F1チームの買収を画策
アンドレッティ・オートスポーツのチームオーナーであるマイケル・アンドレッティが、既存F1チームの買収にむけて積極的に動いていると RACER が報じている。

複数の情報源によると、1993年にマクラーレンのF1ドライバーを務めたマイケル・アンドレッティは、ハースF1チームのジーン・ハースを含めた複数のチームの代表者と話し合っているという。

だが、ハースF1チ-ムとの会話は進展せず、アンドレッティはF1パドックで別のターゲットを探しており、2016年にロングボウ・ファイナンスSAに売却されたアルファロメオ/ザウバーと、2020年にドリルトン・キャピタルに買収されたウィリアムズという投資会社が所有する2チームがターゲットとされている。

「それが実現すれば素晴らしいことだが、まだまだ先は長いです」とアンドレッティは RACER に語った。

「適切な機会が訪れれば、我々はそれをすべてやり遂げるだろう。だが、我々はまだそこにいない」

ハースF1チームは明らかなアメリカとの繋がりを持っているが、フェラーリと緊密なパートナーシップを結んでいる。ウィリアムズはメルセデスのカスタマーであり、ザク・ブラウンのマクラーレンと共通している。ザク・ブラウンとマイケル・アンドレッティは、他のレーシングカテゴリーのパートナーであり、スーパーカー、オーストラリアンGT、エクストリームEでチームを組んでいる。

マクラーレンが独立して参戦しているインディカーで、アンドレッティは4台体制、フォーミュラEでは2台、インディ・ライツでは4台、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権ではLMP3にエントリーしている。

アルファロメオは最近、“年次評価”を行う契約でザウバーとのタイトルスポンサーシップを延長したが、F1チームは、依然としてザウバー・モータースポーツによって運営されており、ハースほどフェラーリとのパートナーシップは緊密ではない。

スイスを拠点とするチームの場所は、あらゆる取引にさらに複雑さを加えるが、印象的な風洞施設を有しており、彼の父マリオ・アンドレッティが1981年にF1でアルファロメオをドライブしたように、アンドレッティの観点からもロマンチックな繋がりを持っている。

2020年に締結された新しいコンコルド協定では、新規参入者に2億ドルのbuy-in料金を科しているため、既存のF1チーム、または少なくともチームの株式を購入する方がはるかに経済的なアプローチとなる。その料金は、結果として収益の一部を失う既存のチーム間で分割されるが、現在グリッド上にある10チームの価値を高める影響がある。

3月、新しいAndretti Acquisitions Corporationによる証券取引委員会への提出が明らかになっている。この文書の中で、AACは、ニューヨーク証券取引所にWNNR(勝者)のシンボルで2億5000万ドルを調達するために、会社を公開するという目標を宣言している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連