Juju、開幕戦でアウェーの洗礼「グローブに3ミリ程の穴で4グリッド降格」 / 2021年 デンマークF4
Jujuこと野田樹潤の2021年シーズンが開幕。デンマークF4の開幕戦が5月15日・16日にパドボーグパークで行われ、レース1を2位、レース2を2位、そして、レース3はリタイアという結果で終えた。

予選で「しでかしちゃいました」とポールポジションを逃し、2番グリッドからスタートしたレース1では、ファステスト&トラックレコード更新という好パフォーマンスで2位フィニッシュ。

リバースグリッドで6番グリッドからスタートしたレース2では、オーバーテイクを重ねて一時はトップに立ったが、ファイナルラップでリードを奪われて2位でフィニッシュ。

「初戦は、急ピッチで体制を整えての参戦であり、加えて今季は昨年と違いタイトルを意識している為、第1、第2戦は、無理にトップばかりを意識しないように確実に走りました」とJujuは振り返る。

そして、2番グリッドからスタートするはずだったレース3では、グローブに3ミリ程の穴が開いていたとして4グリッド降格となり、6番グリッドからスタート。ウエットの難しいコンディションでスピンを喫してリタイアとなった。

「第3戦は、第2戦でグローブに3ミリ程の穴が空いていたという事で4グリッドの降格ペナルティで本来フロントローからのスタートが6番手とされてしまいました」とJujuは語る。

「昨年からそうですが、アウェイでの洗礼ですね。もう驚かなくなりました」

「そこから2番手に上がった所で突然の大雨となり、前も見えないし、ドライタイヤではストレートでもクルマが横を向いてしまう状況でした。とても危険で怖かったですが、赤旗もセーフティカーもでずにそのままレースは続行されました」

「その状況でトップに追い付き何度か抜きに行きましたが、最終的には滑ってしまってリタイア、その直後にセーフティカー導入となりました。兎に角あの状況で怪我人が出なくて良かったと思います」

「このレースではドライコンディションで2位、ウェットコンディションで2位。ドライタイヤでウェットコンディションの中でのトップ争いができ、引き出しは増えたと思います」

「これからも色々と試練は降りかかるであろう覚悟ですが、それを跳ね返してでもタイトル目指して頑張ります」

Juju / 野田樹潤

2021 F4 Danish Championship 大会日程
5月15-16日 Padborg Park(パドボーグ パーク)1周2.07km  [3戦]
6月12-13日 スウェーデン:Sturup Raceway(ストルップ レースウエイ)1周2.13 km [3戦]
6月19-20日 Padborg Park(パドボーグ パーク)1周2.07km [3戦]
8月20-22日 FMD Jyllandsringen(ユトランドリンク) 1周2.3km [3戦]
9月04-05日 Padborg Park(パドボーグ パーク)1周2.07km [3戦]
9月18日 Ring Djursland(リング ジュルスランド)1周1.75km [3戦]
10月02-03日 FMD Jyllandsringen(ユトランドリンク)1周2.3km [3戦]

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連