F1 オランダGP
F1オランダGPのスポーツディレクターを務めるヤン・マラースは、2020年にF1オランダGPの開催は“まだ決定ではない”と語った。

F1のオーナーであるリバティメディアは、2020年のF1カレンダーにオランダGPを組み込むための最終期限を3月31日に設定ていたが、その前日にいくつかのメディアはF1オランダGPの開催にゴーサインが出たと報じていた。

報道によると、FOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)がF1オランダGPの開催の候補に挙げられているザントフォールトに「2020年から5年にわたる開催契約を結ぶことを保証した」とある関係者が語ったとされている。

F1の商業権保有者であるリバティ・メディアは、地元オランダのヒーローであるマックス・フェルスタッペンに対する同国民の情熱と熱狂を利用したいと考えており、オランダGPの復活について常に前向きな姿勢をとっている。

しかし、元F1ドライバーでザントフォールトのスポーツディレクターを務めるヤン・ラマースは「まだ時期尚早だ」と語る。

「我々は正しい方向に進んでいるが、まだ最終的な調整に取り組んでいるところだ」

「それがすごく信頼できる関係者であることを望んでいる。そのような噂を耳にするのは非常にうれしいことでもある。だが、そういった報道は少し早計だと思っている。いずれにしろ、我々はそれらのことを発表できる立場ではない」

「F1はザントフォールトのことだけを考えているわけではない。他にも21~22レースがあるからね

「すべてが完了すれば、我々もそのニュースを発表することになるだろう。だが、まだそこには至っていない。しかし、我々は楽観的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | F1オランダGP