2010年 F1日本GP 鈴鹿
2010年のF1日本GPが鈴鹿サーキットで開催されることが決定した。

今年7月、富士スピードウェイが2010年以降に隔年開催を予定していたF1日本GPの開始中止を発表していた。

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは、 グランプリレースの開催権を統括するFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション 代表:バーニー・エクレストン)と、2010 年の鈴鹿サーキットにおけるF1 日本グランプリレース開催について契約を締結したことを発表した。

この契約により2011年まで鈴鹿サーキットでF1日本GPが開催されることが決定した。

モビリティランド取締役社長:大島裕志
「このたびFOAと2010 年F1 日本グランプリ開催について合意し、契約を締結しました。私どもは過去20年にわたり、鈴鹿サーキットでF1 日本GP を開催し、国内でのF1普及に努めて参りました。F1日本GP の歴史が途切れることを回避するのが当面の私共の役割と認識し、開催を決定しました。鈴鹿における新しいF1 の歴史を築けるよう、地域の皆様と力をあわせ、まずはこの10 月の大会に全力を注ぎ、ファンの皆様の期待にお応えして参りたいと思います」

関連:
F1 2010年カレンダー 正式決定 - 2009年12月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | F1日本GP