エプシロン・ユースカディ ホアン・ヴィラデルプラット
エプシロン・ユースカディのホアン・ヴィラデルプラットは、彼のチームが最終的に2010年のF1エントリーに載ることができると楽観的に考えている。

エプシロン・ユースカディは、新規に2010年のF1にエントリーした15チームのうちの1つだが、金曜日にFIAが発表したリストにエプシロン・ユースカディの名前はなかった。

エプシロン・ユースカディは、自らのファクトリーでシャシーを製造する能力を有しており、リストに載っている名前には驚いたとホアン・ヴィラデルプラットは語る。

「我々はアストンマーチンやローラ、名門の会社と争っていると考えていたので、驚いたよ」

「驚いてはいるが、今回のリストは暫定的なものであり、最終的なリストは6月19日になるとのFIAの書簡を受け取っているので、まだ楽観的に考えている。彼らは作業を続け、データを送り続けることを要請しているし、我々は良いポジションにいる」

「すべては進行中であり、少なくともドアはオープンなままだ。それが真実であり、彼らは監査を続けているので、我々は必要な全てのことをするつもりだし、彼らが必要とする情報の全てを与えるために働くつもりだ」

ホアン・ヴィラデルプラットによれば、FIAが今回の参戦リストは100%確定ではないと語ったいう。

「少なくとも、現時点では誰も100%確定していないと聞いている。彼らはまだ作業をしており、監査し、データを集めている。そして、我々に諦めないように伝えてきた。我々は良いポジションにいる。我々はFIAの処置に対して、あらゆる情報を与える」

「若干冷たいシャワーではあるが、まったく決定していないことはわかっている。残りのチームとまだサインしていないビッグチームが、どうなるか様子をみてみよう。我々は最終的になにが起こるかみるつもりだ」

「今回は第1ラウンドだと信じている。来週は別のものになるかもしれないし、それ以上のことになるかもしれない」

関連:
2010年 F1エントリーリスト発表 - 2009年6月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | エプシロン・ユースカディ