F1 フルハイビジョン
F1を運営するFOMは、2011年からフルハイビジョン(フルHD)の国際映像を契約放送局に配信することを明らかにした。

スカイ・ドイチュラントは、2011年からドイツ、オーストリア、スイスの契約者にフルHD(高解像度)でF1を放送することを発表していた。

2011年からコース脇に設置されるテレビカメラは、すべてフルHD化される。

技術的な問題によりオンボードカメラは通常の解像度になるが、画質は向上される。

フルハイビジョンとは、一般的に1,920×1,080の画面解像度のデジタルテレビ放送を指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | テレビ放送