ニック・デ・フリース、パスポート問題でF1シンガポールGPの準備に支障
ニック・デ・フリースは、F1シンガポールGPでウィリアムズでアレックス・アルボンの代役を務める可能性があるが、パスポート問題によってシミュレーター作業を行うことができなかった。

今週、ニック・デ・フリースは、ハンガロリンクで、2023年のドライバー候補に挙げられている1つであるアルピーヌF1チームと1年前のF1マシンをテストした。

だが、その後、ニック・デ・フリースは、シンガポールに先立ってシミュレーターテストのために英国に飛ぶことができなかった。1つ目のパスポートは日本へのフライトのビザを取得するために大使館にあり、2つ目のパスポートは失効していた。

昨年、英国は、EU離脱に伴う規則変更の一環で、EU市民が国民IDカードだけで入国することを禁止している。

「英国旅行はキャンセルされ、代わりに家に帰る」とニック・デ・フリースはソーシャルメディアで明らかにした.

ウィリアムズのレギュラーであるアレクサンダー・アルボンは最近の盲腸手術による合併症からまだ回復しており、ほとんどのインサイダーは、ニック・デ・フリースには、ウィリアムズとの2戦連続の出場の可能性がまだ残っていることに同意している.

先週、アレクサンダー・アルボンは「気分はかなりいい。大丈夫だ」と自身のソーシャルメディアに投稿したビデオで語った。

「もちろん、土曜日にちょっとした問題があったけど、医師は素晴らしい仕事をしてくれました。火曜日までに健康で退院できたことにとても感謝している」

「それ以来モナコにいて、歩き回れるようになった。目標はシンガポールまでに準備を整えることだけど、タフなものになるだろう。僕たちが参加するレースの中で最もタフなレースの1つなので、簡単ではないけどが、目標を高く掲げて、何が起こるか見てみよう」

一方、ニック・デ・フリースは、2023年にアルファタウリで角田裕毅のチームメイトになる可能性が残されている。

アルファタウリの角田裕毅の2023年の新しい契約に関するプレスリリースでは、すでに2023年の契約を結んでいるが、アルピーヌへの移籍が熱く語られているピエール・ガスリーについては言及されなかった。

ニック・デ・フリース F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / ウィリアムズ / F1シンガポールGP