ニコラス・ラティフィ 「ウィリアムズF1の2023年のシートは安全ではない」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2023年のシートが安全ではないと認める。

F1で3シーズン目を迎えているニコラス・ラティフィだが、2022年にハースF1のミック・シューマッハと並んでポイントを獲得していないグリッド上の2人のフルタイムドライバーのうちの1人となっており、困難な時期を迎えている。

冬にレッドブルからチームに加わったチームメイトのアレクサンダー・アルボンは、メルボルンとマイアミで2回のトップ10フィニッシュを達成している。

「アルボンは僕よりも早く新しい車に適応した。物事を変えるのは僕次第です」とニコラス・ラティフィはJournal De Montrealに語った

父親の食品会社ソフィナがウィリアムズF1にかなりの支援をしているニコラス・ラティフィだが、早ければイギリスGPからオスカー・ピアストリと交代との噂もある。

「間違いなく自分のパフォーマンスを改善する必要がある」とニコラス・ラティフィは語る。

「チームでの自分の立場は安全だと言ったら嘘になる。状況を変えなければならないことは承知している」とは言うものの、ウィリアムズF1はラインナップから彼を追い出すための差し迫った動きはないと主張している。

そして、今のところ、ニコラス・ラティフィは今週末、ついにホームのファンの前で競争する瞬間を楽しみにしている。

「ついに最初のホームレースのためにカナダに向かうことにとても興奮している」とニコラス・ラティフィは語る。

「ホームで競争する機会を得て、すべてのカナダのファンに会うことは素晴らしい気分になるでしょう。

「これは、僕たちが競争力を持っているように見えるロングストレートがあるトラックだ」

「でも、一部のコーナーは僕たちの車に特に適していないかもしれないい。そこは少しバランスを少し取らなければならないかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1カナダGP