中嶋一貴、ブログで近況を報告

2010年8月20日
中嶋一貴
中嶋一貴が、約一ヶ月ぶりにブログを更新。近況を報告した。

昨シーズン末でF1のシートを失い、現在はイギリスにいるという中嶋一貴。一時、ピレリの公式テストドライバーを務めるという噂もあったが、最終的にピレリはニック・ハイドフェルドを起用することに決定。

「僕自身の生活もあまり変わり映えしなく、イコール書くネタもなく・・・」と中嶋一貴。

中嶋一貴、ピレリのF1タイヤテストを担当か

2010年7月22日
中嶋一貴
中嶋一貴が、トヨタ TF109でピレリのF1テストを実施すると AUTSPORT が報じている。

ピレリは、来シーズンからF1にタイヤを供給するが、タイヤ開発計画については発表していない。

ピレリのモータースポーツディレクターを務めるポール・ヘンベリーは、タイヤテスターとして“経験がある”が“チームとの繋がりのない”ドライバーを望んでいると語っていた。

中嶋一貴、トヨタ TF110をドライブ

2010年5月23日
トヨタ TF110
トヨタ TF110を中嶋一貴が走らせていた ・・・ GRAND PRIX Special 6月号ではトヨタの幻の2010年マシン「TF110」を独占スクープしている。

2009年でF1を撤退したトヨタ。しかし、2010年用のTF110はほぼ完成状態にあった。そして、5月5日、ケルンのTMGの中庭でTF110が走行。ドライバーは、中嶋一貴。

中嶋一貴が走行を行ったTF110は、トヨタのマシンで2011年のF1参戦を目指していたステファンGPがオーダーしたレッドに塗装されていた。

中嶋一貴、ステファンGPについて初告白

2010年3月9日
中嶋一貴
中嶋一貴が、ステファンGPについて自身のブログで初めて語った。

中嶋一貴は、ステファンGPと契約して2010年のF1参戦を目指していたが、残念ながらステファンGPに2010年のF1参戦権は与えられなかった。

「もう先週の話になってしまいますが、そしてもうご存知の方も多いと思いますが、残念ながらステファンGPのマシンが今シーズンF1で戦うことは認められませんでした」と中嶋一貴は初めてステファンGPとの関係を明らかにした。

ステファンGP、2010年のF1参戦は実現せず

2010年3月4日
中嶋一貴 ステファンGPでの2010年F1参戦はならず
ステファンGPの2010年のF1参戦は実現しなかった。

ステファンGPは、トヨタが2010年に向けて開発を進めていたマシンを買い取り、中嶋一貴と契約をして参戦の準備を進めていた。

しかし、FIAはUSF1の参戦撤退ともに最新のF1エントリーリストを発表。2010年に代替チームが参戦することはないことを明言した。

中嶋一貴、ステファンGPでシート合わせ

2010年3月3日
中嶋一貴
中嶋一貴は、ステファンGPのS-01でシート合わせを行った。

モータージャーナリストのアダム・クーパーは、中嶋一貴がステファンGPでシート合わせをしている画像を自身のブログで公開した。

ステファンGPは、中嶋一貴と契約したことを明らかにしており、エントリーが認められれば中嶋一貴の2010年F1参戦が実現する。

ステファンGP、今月末F1マシンをテスト - 中嶋一貴が参加か

2010年2月3日
ステファンGP
ステファンGPは、今月末にポルトガルで彼らのF1マシン「S-01」をテストすることを発表した。ドライバーは中嶋一貴が担当するとみられている。

すでにステファンGPは開幕戦に向けてバーレーンにレース機材を輸送したことを明らかにしているが、2月25〜28日にポルトガルのポルティモアでマシンをテストすることを明らかにした。

ステファンGPは、テスト前にF1マシン「S-01」を発表する予定だとしている。

中嶋一貴 「徐々に動きを見せ始めている」

2010年1月21日
中嶋一貴
中嶋一貴は、今シーズンに向けての準備が動き始めていることを自身のブログで明らかにした。

2009年末でウィリアムズのシートを失った中嶋一貴。トヨタがF1から撤退したことでF1シート獲得はいっそう困難な状況となったが、最近では今年以降のF1参戦を目指しているステファンGPのシート獲得が噂されている。

ステファンGPは、トヨタの2010年マシンとケルンの施設を買収して参戦を目指しているセルビアのチーム。

中嶋一貴、ステファンGPでF1残留の可能性

2009年12月23日
中嶋一貴 2010年にステファンGPでF1参戦?
2010年のレース活動が決定していない中嶋一貴だが、ステファンGPのドライバーとしてF1残留の可能性が残されているとみられている。

中嶋一貴は、ウィリアムズのドライバーとして2007年最終戦ブラジルGPでF1デビューを果たしたが、2009年シーズンは全戦に出場したドライバーの中で唯一ノーポイントと結果を残すことができず、またウィリアムズがトヨタとの契約を終了したことでウィリアムズのシートを喪失。さらには支援を受けているトヨタ自体がF1から撤退してF1残留が難しくなった。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム