ミック・シューマッハ 「ハースF1チームの決定に非常に失望している」
ミック・シューマッハは、今シーズン限りでハースF1チームを離脱するというニュースを受けて声明を発表。チームの決定に強い失望を表明し、F1での将来に値することを証明するのに十分なことをしてきたと主張した。

ハースF1チームは、最終戦F1アブダビGPに先立つ11月17日(木)に、2シーズンにわたってドライバーを務めてきたミック・シューマッハがチームを離れることを発表。その後、ニコ・ヒュルケンベルグが後任を務めることを発表した。

「これがハースF1チームとの最後のレースになる」とミック・シューマッハは語った。

「契約を更新しないという決定に非常に失望しているという事実を隠したくない」

「とはいえ、この機会を与えてくれたハースF1とフェラーリの両方に感謝したい。 これらの年月は、僕が技術的にも個人的にも成熟するのに役立った。そして、特に物事が困難になったとき、僕はスポーツがどれほど好きかを実感した」

「時々でこぼこだったけど、着実に改善し、多くのことを学び、今では自分がF1の場所に値することを確信している」

「挫折は人を強くするだけだ。僕のF1への情熱は燃えているし、スターティンググリッドに戻るために懸命に戦うつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース