フェリペ・ドルゴビッチ、ミック・シューマッハのハースF1のシートを奪う?
F2のチャンピンシップをリードするフェリペ・ドルゴビットが、ミック・シューマッハのハースF1チームとの契約更新計画を覆す可能性があると叔父のラルフ・シューマッハは認める。

今シーズン、ミック・シューマッハについていくつかの噂が飛び交っている。ハースF1チームは、2023年シーズンのシューマッハの唯一の選択肢であると考えられており、それを知っているハースF1チームは、シューマッハとの契約交渉を中止したとも報じられている。

その他の報道では、フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットが、F1で2回しかポイントを獲得していないミック・シューマッハへの関心を失っており、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの契約を解消されるというものもある。

ラルフ・シューマッハは、ミック・シューマッハが今年のF1イギリスGPとF1オーストリアGPで連続してポイント獲得を達成したことが、人生を楽にしたわけではないとと認める。

「ミックは(ケビン)マグヌッセンとの関係においてスタートで弱かった。そのように見なければならない」とラルフ・シューマッハはmotorsport-total.comに語った。

「しかし、彼は適切なタイミングで自分の道を見つけた」

「そして、ハンガリーでのパッケージで、彼はまともな仕事をしたと思う。それ以上は期待できなかった。そのため、すべてが予定どおりだ。とにかく、ハースは今年初めて自分自身を見せることができるチームになった」

「彼はすでにそれを数回行っており、今後もそうするだろう。アップデートも期待している。彼に自分自身を見せることができる別の機会があればそれでいいが、重要なことは彼がF1でまともなコックピットを持っているということだ」

しかし、ラルフ・シューマッハにはF2チャンピオンシップのリーダーであるフェリペ・ドラゴビッチを含むF2のライバルがハースF1チームのシートを争っているため、ミック・シューマッハがそのシートを保持するかどうかはまだ分からないと認める。

しかし、ラルフ・シューマッハは、その点を認めながらも、フェリペ・ドルゴビットがチャンピオンシップをリードしているのはF2での3シーズンであることをすぐに指摘した。

「原則として、ドライバーを探す時期は8月か9月だ」とラルフ・シューマッハは付け加えた。

「つまり、F2には、もちろん少しプレッシャーがあり、お金を持っている人もいる」

「そこにドルゴビッチは関与している。3年か4年のように感じるけど、彼はリードしている」

フェリペ・ドラゴビッチは XP Investimentos からの支援を受けており、ニコラス・ラティフィのウィリアムズのF1シートや、アストン マーティンのリザーブ ドライブの役割に結び付けられている。

ミック・シューマッハがハースF1チームとの契約を継続できなかった場合、彼の選択肢はウィリアムズF1に限定され、アルピーヌF1チームがオスカー・ピアストリにフェルナンド・アロンソのレースシートを譲るという試みに失敗し、マクラーレンでも走れなかった場合、そのシートはピアストリの手に渡り、ミックのチャンスはアルピーヌに限定されるかもしれない。

ミック・シューマッハ ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース