ミック・シューマッハ 「F1初ポイントを獲得する前も僕は強かった」
ミック・シューマッハは、今年初めにF1初ポイントを獲得する前も高いレベルでパフォーマンスを発揮していたと主張する。

ハースF1チームのドライバーであるミック・シューマッハは、先月のF1イギリスGPで8位でフィニッシュしてF1初ポイントを獲得するとF1オーストリアGPでベストリザルトを6位まで上げた。

F1での2シーズン目を迎えたミック・シューマッハは、チームメイトのケビン・マグヌッセンにパフォーマンス面で上回られ、サウジアラビアとモナコでマシンを大破させる大クラッシュを喫するなど、困難なスタートに耐えてきた。

最近は改善されたフォームを見せているにもかかわらず、ミック・シューマッハは、ポイントを獲得するポジションへの突破口を開く前も高いレベルで運転していたと語る。

「ポイントを獲得する前から、僕たちはすでにかなり強かったと思う。それを示されていなかったことが時々あった」とミック・シューマッハは語った。

「振り返ってみると、詳細に目を向けると、明らかに僕たちには他の人が持っていないいろいろな詳細があった。僕たちは非常に強力な前進を遂げているのがわかる。例えば、マイアミ、カナダでさえね」

「僕たちはいくつかの場所で不運だったように感じている。シルバーストンとレッドブル・リンクはかなり幸運だった」

ミック・シューマッハの2023年のレース計画はまだ確認されておらず、2020年のF2チャンピオンは、来年ハースF1チームでレースをしない可能性があると考えられている。

F1での将来がまだ決まっていないミック・シューマッハだが、プレッシャーがかかっているときに自分がより良いパフォーマンスを発揮できることを知っていると語った。

「今年(2022年)の初めはかなり大変だったと思う。おそらくある意味では、昨年のものがどのように機能したかをまだ考えていたからだ」とミック・シューマッハは語った。

「たぶん、今年はあまりにも多くのことを適応させようとしていた。それが正しい方法ではないことがわかったので、変更を開始し、ドライビングを変更し、アプローチを少し変更した。

「でも、僕たちがそれから本当に取り除くことができるのは、自分がプレッシャーを楽しんでいることだと思う。ずっとそうだったように思う」

「F3やF2を振り返ると、常に最高のパフォーマンスを発揮できるのは、プレッシャーが最も大きかったときだった」

「僕たちはいくつかの良いレースをした。今年はさらにいくつか良いレースができることを望んでいる。仕事は止まっていない」

ミック・シューマッハ ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース