ミック・シューマッハ、水漏れは「激しいバウンシング」に起因 / ハースF1チーム
ハースF1チームのミック・シューマッハは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの金曜日の最初のプラクティスで水漏れの問題に見舞われた。

モナコで今シーズン2台目の車を潰したミック・シューマッハは、FP1の開始10分で水漏れが発生。わずか3周でセッションを終えることになった。車はFP2まあでに修理されたが、トリッキーなトラックの準備で必然的に後手に回ることになった。

ハースF1チームは、水漏れの原因について説明。チームメイトのケビン・マグヌッセンにも同じことが起こる懸念があったと認めた。

「FP1はミックの車の水漏れでひどいスタートとなった」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「何か奇妙なことが起こった。実際、ケビンに同じことが起こらなかったのは幸運だった。彼も非常にそれが起こそうだったからね」

インシデント後、ミック・シューマッハは「警告はなかった。最初のラップで受けた激しいバウンシングから来ているようだ」とミディアに語った。

ミック・シューマッハは、アルファタウリの角田裕毅を追い越しているときにバンプにヒットして車に大きな衝撃を与えたと報告している。レースエンジニアの指示通りにトラックの横に車を寄せると、車の横から水が噴出していた。

「それがクランプを壊したし、それから水が出てきた、当然、それは素晴らしいことではない」とミック・シューマッハは語った。

ミック・シューマッハは、新しいレギュレーションによってグラウンドエフェクト効果のダウンフォースを再導入して以来、今シーズングリッド上の他のいくつかの車を苦しめた「ポーパシング」を初めて実際に味わったことを示唆した。

「フィジカル的にその効果を感じた初めてだ。体にも車にもかなり厳しい」とミック・シューマッハは語った。

「レースで何台の車が生き残るかがわかるだろう。将来のイベントで僕たちがここに戻くるときのために、路面の再舗装が考えるべきことなのは間違いないだろう」

ミック・シューマッハは、ウィリアムズのニコラス・ラティフィのみを上回って19番手で1日を終えました。最初のセッションで13番手だったケービン・マグヌッセンはFP2を17番手で終えており、日曜日にポイントを争う場合、ハースF1チームにはやるべきことがたくさん残っている。

「実際、車はとてもいい感じだけど、FP2ではそれほど速くはなかった」とケビン・マグヌッセンは語った。

「FP1からこれほど後退するなんて少し驚きだ。通常、FP1よりもFP2の方が優れている傾向があるけど、今日はその逆だった。そのため、それを調べて、何かを見つけることができるかどうかを確認する必要がある」

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーも「FP1は実際にはかなり良かった」と主張する。

「その後、FP2にいくつかの変更を加えたが、計画どおりにパフォーマンスを発揮しなかった」

「したがって、今夜、我々は少し製図版に戻って、車にいくらかのパフォーマンスをもたらすことができるように明日のために何ができるかを見る必要がある」

それでも、ケビン・マグヌッセンは、今週末の見通しに落胆してはいない。

「まだポジティブだ。このレースは多くのことが起こり得るクレイジーなレースだ」とケビン・マグヌッセンは語った。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / F1アゼルバイジャンGP