ミック・シューマッハの叔父ラルフ、ハースF1のチーム代表を批判
ミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーを批判している。

最近、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥のミック・シューマッハとギュンター・シュタイナーの性格が衝突していることと示唆していた。

だが、それは23歳のミック・シューマッハのモナコグランプリで最新の大クラッシュを喫する前だった。モナコでシューマッハの車が半分に割れ、ギュンター・シュタイナーは「あまり満足のいくものではない」と語った。

「ここからどのように前進するかを見極める必要がある」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

これらのコメントは、ハースF1チームでのミック・シューマッハの将来について憶測の波を引き起こしましたが、ラルフおじさんは、2022年の終わりまでに分裂することは「基本的に不可能」であると考えている。

「あのような発言は再びギュンター・シュタイナーの典型だ」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「それらはあまりにも多くの解釈ができてします。不要なものであり、チームも多くのミスを犯している」

「今、2つのことが一緒にならなければらない。一方はミックがこれ以上ドライビングミスをしないように注意しなければならない。しかし、マグヌッセンも難しいと感じているので、ハースも改善する必要がある」とラルフは語った。

「今は、技術的な欠陥がなく、彼がプラクティスセッションを行うことができ、彼がミスを犯さないように、すべてが一緒に機能することが重要だ」

「双方が一緒にうまくプレーすれば、問題は見られらない」

しかし、ハースF1チームとミック・シューマッハが2023年に分裂した場合、ラルフ・シューマッハはミックには他の選択肢があると考えている。

「他のチームのボスは、どのようなポテンシャルががあるかを正確に理解していると思う」とラルフ・シューマッハは語った。

「他にも選択肢はある。現在、ドイツの大手メーカーがF1に参入し、ドイツ人ドライバーを本当に望んでいるなど、多くのことが起こっている」

「その観点を私なら注意するだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ラルフ・シューマッハ / ハース