「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハの評価について、ハースF1でのチームメイトが物議を醸しているニキータ・マゼピンなので「どれくらい優れているのかわからない」と語る。

昨年F2王者を獲得したミック・シューマッハは、ハースF1でのデビューイヤーに昨年F2でランキング2位だったニキータ・マゼピンとチームを組んでいる。

ロシアの大富豪である父親のドミトリー・マゼピンの強力なバックアップでF1シートを手に入れたニキータ・マゼピンは、F1スーパーライセンスこそ取得しているが、その資質が疑問視されている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、かつてのタイトルライバルであるミハエル・シューマッハの22歳の息子が、この状況下で最善を尽くしていると語る。

ミック・シューマッハについて質問されたジャック・ヴィルヌーヴは、「彼がパフォーマンスをしているのを見ることができてうれしく思う」と motorsport-magazin.com に語った。

「彼はチームメイトを打ち負かしているが、その過程でいくつかのミスを犯している。だが、それは普通のことだ。彼はルーキーであり、運転するのが難しいマシンだ。それでも、彼のバックにはフェラーリがついている」

しかし、ハースF1のマシンの競争力の低さ、そして、現在のチームメイトであるニキータ・マゼピンとしか実際には比較できないため、ミック・シューマッハの本当の実力はまだわからないとジャック・ヴィルヌーヴは警告する。

「マゼピンはベストドライバーではないので、彼がどれくらい優れているのかよくわからない」とジャック・ヴィルヌーヴは語る。

「彼がどれくらい速いか誰が知ることができるか? 言うのは不可能だ」

実際、ニキータ・マゼピンの苦闘と不人気によって、ミック・シューマッハはF1の初期に不運な立場にいると考える人もいる。

だが、ジャック・ヴィルヌーブはその意見には完全に同意しない。

「彼は明らかにマゼピンを打ち負かしているし、プレッシャーのないチームで走っている。彼は学ぶためにそこにいる。それは彼にとって完璧な状況だ」

それでも、ミック・シューマッハをニキータ・マゼピンとだけ比較できる期間には限界があるとジャック・ヴィルヌーヴは語る。

「1年だ」とジャック・ヴィルヌーヴは語る。「でも、大丈夫だ。彼はまだフェラーリ・グループの一員だ。次に何が起こるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ジャック・ヴィルヌーヴ / ハース / ニキータ・マゼピン