ミック・シューマッハ 「最終戦でグロージャンの代役を務められる」 / ハースF1
2021年にハースF1でのデビューが決定したミック・シューマッハは、必要とされるならば、最終戦F1アブダビGPでロマン・グロージャンの代役を務める準備はできていると語る。

F1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから奇跡の生還を果たしたロマン・グロージャンは、今週末のF1サヒールGPを欠場することになっており、再来週のF1アブダビGPに出場できるかもまだ不明な状況となっている。

2021年のフル参戦が発表されたことで、ハースF1チームはロマン・グロージャンの参戦が不可能な場合は、ミック・シューマッハを起用することができ、シューマッハ自身もその準備はできていると語る。

「そうする準備ができていると考えてもらえるなら素晴らしいことだし、自分としては準備ができていると感じている」とミック・シューマッハは語った。

「3回のフリープラクティスがあるので、学ぶための時間はある。挑戦だとは思うけど、来年にむけてさらに良い準備をするためにはマシンのことを知ることができるのは間違いないと思う」

だが、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ロマン・グロージャンがドライブすることが最優先事項であり、代替案については考えていないと語る。

「現時点では、月曜日のロマンのステータスを確認したいと思っている。それが私が彼と同意したことだ」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「我々には運転できる十分な数のドライバーがスタンバイしているので、心配する必要はない。ロマンが運転できないことが100%わかったのならば、その決定を下す。彼がレースをしてハースとの時間を終えることができることが私が望んでいることだ。ただ観ているだけではなくね。それが我々の目標だ」

「それが我々が彼と話したことだ。私は『胸を張ってシーズンを終えたいならば完全にサポートする』と伝えたし、彼は『できるならばそうしたいと思っている』と言っている。したがって、私はそれについてかなり連隊的だ。彼が絶対に運転できないと分かるまでは何も決定するつもりはない」

ロマン・グロージャンの恐ろしいクラッシュの後、ハースF1が次のレースで代役としてリザーブドライバーを呼び出さなければならない可能性が高いことは明らかだった。

ハースF1は、ピエトロ・フィッティパルディの起用を決定。もう一人のリザーブドライバーであるルイ・デレトラズは、ジャック・エイトケンがウィリアムズF1から参戦することを祝福するツイートでハースに対する見え透いた気持ちを明らかにしている。

「ジャック、おめでとう。純粋なパフォーマンスをベースにした選択だ。自分たちのドライバーに敬意を持っているチームを目にできるのは素晴らしいことだ」とルイ・デレトラズは投稿している。

「彼はとても不満そうだったが、あのシートを望んでいた不満な人は他にもたくさんいる。だから、彼はそのうちの1人にすぎない」

「我々がピエトロを乗せることに決めたのは、以前にも言ったが、彼はそれに値すると思ったからだ。新型コロナウイルスが怖かったので、ここに来るように頼んだいた。そして、ここでバックアップが必要になったので、彼はそれをした」

「彼が3週間何かをするという保証なしに家を離れるのは良いことではない。だが、彼はそれをし、努力をした。彼はいつでもそこにいただろう」

「このようなことを決めることができるのは私であり、投票したり、誰かと議論したりするつもりはない。これが我々の計画であり、我々が決定したことだ。デレトラズも含めて、誰にマシンを乗せるかについて誰かに相談する必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ロマン・グロージャン / F1アブダビGP / ハース