F1マイアミGPの2022年04月のF1情報を一覧表示します。

フェラーリ、F1マイアミGPで直線速度アップの新型リアウイングを投入

2022年4月29日
フェラーリ、F1マイアミGPで直線速度アップの新型リアウイングを投入
スクーデリア・フェラーリは、史上初のF1マイアイGPでレッドブル・レーシングの直線スピードに対抗するために新しいリアウイングを導入する。

2022年のF1世界選手権は4レースが終了。オープニング3レースでは、フェラーリが優位に立っているように見えたが、フェラーリの本拠地であるイモダではレッドブルが再び競争力をみせた。

F1レースディレクターが2人揃って新型コロナウイルスに感染との報道

2022年4月28日
F1レースディレクターが2人揃って新型コロナウイルスに感染との報道
F1マイアミGPに向けて、両方のF1レースディレクターが新型コロナウイルスの検査で陽線反応が検出されたと報じられている。

2022年に改良されたレースコントロール構造の一部として、エドゥアルド・フレイタスとニールス・ウィティヒがマイケル・マシに代わってF1レースディレクターの役割を分担するために起用された。

メルセデスF1、マイアミGPでポーパシング解決に向けた待望の新パーツ投入

2022年4月28日
メルセデスF1、マイアミGPでポーパシング解決に向けた待望の新パーツ投入
メルセデスF1は、次戦F1マイアミGPでポーパシング(ポーポイズ現象)問題の解決に一歩近づくために設計された新しいポーツを投入する可能性がある。

メルセデスW13はポーポイズ現象の影響を大きく受けており、予想よりも高い車高で走ることでチームは大きなパフォーマンスを犠牲にすることを余儀なくされている。

F1マイアミGP:開催中止を求める地元住民団体の訴訟を裁判所が棄却

2022年4月21日
F1マイアミGP:開催中止を求める地元住民団体の訴訟を裁判所が棄却
F1マイアミGPの騒音による聴覚障害を理由に開催中止を求めた地元住民団体による訴訟は裁判所によって棄却された。これにより、5月6日~8日にマイアミ・インターナショナル・オートドロームで初開催となるF1マイアミGPの障害は解消された。

レースを中止するための特別な聴聞会の許可を求められていたアラン・ファイン裁判官は、原告が要求に応じて新しい証拠を提出したにもかかわらず、難聴に関して「潜在的な危害は回避可能」であると判断した。

F1マイアミGP 「何よりもまずエキサイティングなレースを最優先」

2022年4月21日
F1マイアミGP 「何よりもまずエキサイティングなレースを最優先」
F1マイアミGPの会場となるマイアミ・インターナショナル・オートドロームを設計した英国の会社Apex Circuit Designは、最新の会場へのアプローチに関して、エキサイティングなレースを最優先したと語る。

マイアミガーデンズのハードロックスタジアムの周りに建設されたマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、反時計回りの全長5.41kmに19のコーナーを誇る。

F1動画:セルジオ・ペレス、RB7でニューヨークからマイアミへ珍道中

2022年4月21日
F1動画:セルジオ・ペレス、RB7でニューヨークからマイアミへ珍道中 / レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングは、今年初開催となるF1マイアミGPに向けたプロモーションビデオ『Race to Miami』を公開。セルジオ・ペレスがニューヨックからマイアミへとレッドブルRB7で駆けつけるというストーリー仕立ての動画となっている。

2022年のF1世界選手権は進行中であり、5月に第5戦としてマイアミ・インターナショナル・オートドロームで初開催されるF1マイアミGPへの期待が高まっている。

F1マイアミGP 「一切の妥協を許さない作業で会場の95%が完成」

2022年4月20日
F1マイアミGP 「一切の妥協を許さない作業で会場の95%が完成」
F1マイアミGPのCEOを務めるリチャード・クレガンによれば、マイアミが初のグランプリを祝うまであと3週間足らずとなった現時点で、F1会場は「95%完成」したと語る。

5月8日、マイアミ・インターナショナル・オートドロームは2022年のF1世界選手権の第5戦としてF1マイアミGPを開催する。

F1マイアミGP:住民グループが騒音を理由に開催中止を求めて訴訟

2022年4月20日
F1マイアミGP:住民グループが騒音を理由に開催中止を求めて訴訟
F1マイアミGPに先駆けて、マイアミガーデンズの住民グループはグランプリの騒音レベルが“身体に支障をきたす”として開催中止を求めて訴訟を起こしたが、裁判官はその証拠を提出するよう求めている。

住民グループは3月1日に訴訟を起こし、初開催されるF1マイアミGPによって発生する騒音は、ハードロックスタジアムの会場があるマイアミガーデンズの住民に「深刻な混乱と身体に支障をきたす」と主張した。

F1:初開催のF1マイアミGPを含めた第4戦~第7戦のタイヤ選択を発表

2022年4月14日
F1:初開催のF1マイアミGPを含めた第4戦~第7戦のタイヤ選択を発表
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、第4戦F1エミリア・ロマーニャGPから第7戦F1モナコGPのタイヤコンパンドのノミネートを発表した。

第5戦として初開催されるF1マイアミGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)というレンジの真ん中のコンパウンドが選択された。ハードロックスタジアムの周りに建設された半常設3.36マイルのマイアミ・インターナショナル・オートドロームには19のコーナーが備えられる。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム