F1 メキシコグランプリ
F1メキシコGPの主催者は、2020年のF1世界選手権の開催権を維持するための最初の最終期限を逃した。

F1メキシコGPの開催契約は2019年までとなっているが、メキシコ大統領は新しい鉄道プロジェクトに資金を回すために、今後はメキシコGPに財政支援を行わないことを発表。存続の危機に陥っている。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットのサーキットオーガナイザーは、“実現可能な代替案を見つける”ためにF1商業権保有者とリバティメディア、地元自治体の両方と交渉を続けていくと述べた。

「メキシコGPの日程を維持する期限が過ぎ、我々は大会組織が2020年のチャンピオンシップで日程を守る権利を失ったと発表する。それでも、F1と我々の国の当局の両方との交渉を続けており、メキシコでの競技存続のために実行可能な代替案を見つけることの最高の精神を続けていく」と声明で述べた。

メキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスは、状況に懸念を示しており、一旦F1カレンダーから外れることになれば、戻るには“50年以上”かかるかもしれないと危機感を露わにしていた。

F1メキシコGPは2015年に23年ぶりにF1カレンダーに復帰。ファンとドライバーの間で人気のグランプリとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1メキシコGP