メルセデスF1代表 「アンドレッティがポルシェを連れてくるなら話は別」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、11番目のF1チーム - アンドレッティ - 参入の可能性について言及。からた新しいF1エンジンサプライヤー - ポルシェ - を連れてくるなら話は別だと語った。

F1の人気が高まるにつれて、参入を希望するコンストラクターの数も増えている。アンドレッティ・グループは昨年から F1 への参入を試みてきたが、これまでのところ成功していない。

一方、アウディとポルシェは2026年からF1エンジンコンストラクターとして参戦する意向を確認している。

アウディは、正式に2026年からのF1参戦を発表し、ザウバーF1チームを買収してワークスチームとして参戦することに取り組んでいるとされ、ポルシェは最近までレッドブルと50対50のパートナーシップを希望して株式を買収する交渉を進めてきたが、決裂した。

しかし、FIA(国際自動車連盟) と F1チームから嘆願が繰り返し拒否されているのがアンドレッティだ。

トト・ヴォルフは、アンドレッティの参戦に対する最大の反対者であり、アメリカの視聴者をさらに引き付ける可能性のあるビッグネームである一方で、現在のF1チームの価値を低下させることにもなると主張している。

だが、トト・ヴォルフは、アンドレッティのようなチームが新しいF1パワーユニットサプライヤーとの契約に同意した場合、それは別の取り決めになるだろうと述べ、初めて戦いでいくらかの立場を認めた。

現在、F1チームにサービスを提供するエンジンサプライヤーは4社ある。メルセデスは、ワークスチームに加えて、ウィリアムズとマクラーレン、アストンマーティンに動力を供給し、レッドブ・パワートレインズのホンダ製エンジンはレッドブルとアルファタウリの車に搭載され、フェラーリはワークスチームに加えて、ハースとアルファロメオに供給。ルノーはアルピーヌF1チームのために独自のエンジンを製造している。

「F1が繁栄しているのは、それぞれが異なる DNA を持ち、F1にコミットしている 10 のチームがあり、そのほとんどが長年にわたって数十億ドル以上を費やしてきたからだ。それが、今日のF1を作った」とトト・ヴォルフは語った。

「新しいチームが参加したい場合、誰でも自由にFIAに提案することができ、FIAとF1はそのチームが我々のビジネスに適しているかどうかを調査する必要がある。これまでのところ、そうではなかった」

「チームが新しいエンジンサプライヤーを手に入れ、これが我々のやりたいことだと言った場合、もちろ、んそれはまったく別の話であり、別の考慮事項を引き起こすことになるだろう。それがチームオーナーとしての私にとってのポイントだ。ケーキが大きければシェアしても問題はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ポルシェ / アンドレッティ