メルセデスF1代表 「レッドブルとフェラーリはポーパシング対策阻止で結託」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ポーパシング撲滅を目的とした措置に対するレッドブルとフェラーリの反対は、メルセデスを勝利のための戦いから遠ざけることに基づいていると考えている.

今シーズン、レッドブルとフェラーリは13回のグランプリ優勝すべてを分け合っており、それぞれ9勝と4勝を挙げている。一方、メルセデスは、シーズン序盤に過度なポーパシング(ポーポイズ現象)/バンシングを起こしたW13に悩まされた。

これによりドライバーのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは苦戦を強いられていたが、最近ではこの問題はほぼ解消されており、メルセデスの結果は過去2レースでそれぞれ2位と3 位に改善されている。

しかし、ポーパシングを撲滅し、ドライバーの身体を保護するためにFIA(国際自動車連盟)がベルギーグランプリから発効する車両のフロアに関する技術指令によってさらなるパフォーマンス向上の可能性の余地がある。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームにha自発的にフロアの高さを上げるオプションがあるが、結果としてパフォーマンスが低下するそうしなかったと主張。

一方、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「すべてを安全上の問題として分類する理由はない」と主張した。

しかし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは彼らの意見に同意せず、今シーズンのコンストラクターズ順位の上位2チームの間で自己利益が働いていると信じている。

レッドブルとフェラーリの共通のスタンスが「メルセデスをつまずかせる方法」だと思うかと質問されたトト・ヴォルフは「彼らはパーティーに3人目のゲストを迎えるよりも、トップの2人であり続けることを望んでいるんだと思う」とコメント。

FIAが決定した結果としてのメルセデスの競争上の優位性について「FIAにプレッシャーをかけると、あらゆる面で常に有利になる可能性があり、過去にそれを行ってきた」とトト・ヴォルフはコメント。

「しかし、この問題に関して、私はそれを非常に異なって見ている。幾度となく、安全上の問題からレギュレーションを変更することにためらいはなかった」

「また、我々の車のポーパシングの問題を理解したと付け加えるてもいいかもしれません。前回のレースでポールポジションを獲得したが、それは何も変わりません。関係ない。ドライバーの健康を害することについて話している」

「来年、この問題が遠い記憶になるように、対策を講じる必要があると強く信じている」

「FIAには選択の余地がなく、何かをしなければならない。この問題に直面して、チームが対策に賛成または反対のロビー活動をすることはまったく無関係だと思う。これは医学的な問題であり、答えを出さなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / レッドブル