メルセデスF1代表 「ポーパシング防止の阻止はドライバーの脳損傷に繋がる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)が2023年に向けて提案しているポーパシング防止規則を阻止すれば、ドライバーは「脳損傷」を被るリスクがあると主張する。

フェラーリとレッドブルがリードする少なくと6チームは提案された変更に反対しているが、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは安全を理由に規則の要求をリードしている。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは「フロアの変更に関する最後の議論と提案は、私の意見では、安全性とは何の関係もない」とハンガリーで語った。

「ただの政治だ」

実際、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、トト・ヴォルフがFIAに対し、パフォーマンス面でメルセデスF1に利益をもたらすために安全を理由にして変更を求める「ロビー活動」を行っていると非難している。

トト・ヴォルフはその理論を否定している。

「FIAと私たち全員がそれについて何かしなければならないと今でも信じている」

「数分間続く 1 ~ 1 ヘルツの周波数は、脳に損傷を与える可能性があります。6 ~ 7 ヘルツの周波数が数時間続きます」と Wolff 氏は述べています。

FIAが提案したのは、2023年シーズンに向けてフロアの端を25mm高くすることであり、これは2022年のペースセッターであるレッドブルとフェラーリのパフォーマンスに最も深刻な影響を与える可能性がある.

メルセデスの対戦相手は、最近のレースではネズミイルカの問題はそれほど問題ではなくなったと主張している。



「それ(議論)は考慮されない」とウォルフは主張する、「シルバーストーン、ポール・リカール、オーストリアは、とにかく私たちがそれほどバウンスするトラックではないからです.

「スパや、トラックが従来の競馬場ほど滑らかではなく、それについて何もしなかった後のいくつかのレースには行きたくありません。

「双方向のロビー活動についての話がたくさんありますが、とにかくここで何について話しているのですか?」彼は、ドライバーの安全性に関する議論に言及して付け加えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス