メルセデスF1首脳 「セットアップの実験が実を結ばなかった」 / F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のトラックサイド エンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、F1ハンガリーGPの初日に実施したセットアップ実験が実を結ばなかったことを認めた。

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルはどちらもFP2で苦戦し、ハミルトンはマシンが不安定だと報告し、ラッセルは右フロントタイヤのロックに苦しんでいた。

ルイス・ハミルトンは、FP2での最初の走行の後、シャルル・ルクレールから1.9 秒も離れていることを知ったとき、チームの無線で不満を漏らした。

「我々は車でいくつかの実験をしたいと思ってやってきたが、FP2で行った実験は我々を後退させたと思う。最初のセッションの方が少し強く見えたし、車はよりまとまっていた」とアンドリュー・ショブリンはプラクティスにSky Sports F1 に説明した。

「良さそうには見えず、一晩で元に戻すことになると確信していることがいくつかある」

「ルイスは低燃費走行中に少しダメージを受けており、それは間違いなく彼の高燃費に影響を与えていた」

「しかし、私が言ったように、セットアップ変更のいくつかは間違った方向に進んだと思う。ご存じのとおり、我々は学ぶためにここにいる」

「常にそれらがマシンをより速く走らせるとは限らないが、私が言ったように、一晩でやり直すことになるものはいくつかあると思う」

しかし、土曜日のブダペストでは雨が予想されており、メルセデスF1がウェットでパフォーマンスを発揮できれば、可能性が広がる可能性がある。

アンドリュー・ショブリンは、今後の天候の変化により、メルセデスF1のパフォーマンスは土曜日の条件で異なって見える可能性があると説明した。

「ある意味では、FP3と予選ではかなり異なる状況に直面すると思うので、難しいFP2を経験したことはそれほど悪くはない」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「そして、レースは今日よりもはるかにクールに見える。世界の終わりではない」

「だが、車をも少し機能させられるセッションがあれば素晴らしかっただろう。だが、そうではなかった。しかし、我々が調べなければならないデータはたくさんある」

「私が言ったように、我々は第一にやりたいことを知っていると思う。そして、ウェットはまったく別のゲームだ」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ハンガリーGP