メルセデスF1首脳 「予選パフォーマンスの向上はレースペースに支障」
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるマイク・エリオットは、今年のチームが土曜日よりも日曜日に強い理由について洞察を与えた。

メルセデスF1は、カナダグランプリで土曜日よりも日曜日が強いようだった。予選ではルイス・ハミルトンが4番手につけた一方で、ジョージ・ラッセルはミックスドコンディションでスリックタイヤを履くというギャンブルが報われず8番手で終えた。

しかし、決勝はメルセデスF1にとってより良い日となる、ルイス・ハミルトンはバーレーンでの開幕戦以来となる3位表彰台を獲得。ジョージ・ラッセルは4位でフィニッシュした。

F1カナダグランプリ後にメルセデスF1がリリースしたレースデブリーフィング動画で、テクニカルディレクターのマイク・エリオットは、予選パフォーマンスを改善しようとすると、レース当日にさらに苦労する可能性があると説明した。

「予選とレースのパフォーマンスの間で常にトレードしていると言っても過言ではない」とマイク・エリオットは語った。

「そして、何が重要かを見ると、一般的にレースのパフォーマンスが勝つ」

「我々が競争している車、今週末の予選で我々を打ち負かした車を見ると、彼らのレースペースは劣っていたことがわかる。そこは根本的に修正するものではなく、トレードにすぎないと思う」

マイク・エリオットは、予選パフォーマンスを改善しようとすることの欠点は、レース当日のゲインを犠牲にする可能性があることを認めている。

「予選のパフォーマンスを改善するための措置を講じることはできると確信しているが、その結果としてレースのパフォーマンスを損なわれる可能性がある」とマイク・エリオットは付け加えた。

「そして、我々は、現在持っている車でほぼ適切な場所でバランスが取れていると思う」

また、Q3でスリックタイヤを賭けるというジョージ・ラッセルの決定に関して、マイク・エリオットはそれがチームではなくドライバーの選択だったと語った。そして、たとえうまくいかなかったとしても、メルセデスF1はリスクを取ることを楽しんだと語る。

「正直に言うと、あれはジョージの呼びかけだった」とマイク・エリオットは続けた。

「ジョージは、予選を通して、路面がスリックタイヤに向かって徐々に移行していくと言っていた。最初はそれは本当に驚くべきことだと思っていたが、特にセクター2とセクター3でドライラインが出現し始める可能性があった」

「通常、このような状況では、車の感触を分かっているのはドライバーなので、ドライバーに尋ねる。それはジョージがポールポジションを争う可能性のある機会だった」

「リスクは報われなかったが、それでも素晴らしいことでした。まだそういったことはモーターレースの一部であり、実際に我々はそれを本当に楽しんでいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス