メルセデスF1代表 「W13のポーパシング問題は解決した」
メルセデスF1は、ポーパシング問題は解決したと考えており、現在の問題は車の走らせるために必要な合成と車高の低さによって引き起こされているだけだと語る。

メルセデスF1の2022年F1マシン『W13』はバウンシングとボトミングの両方の問題に苦しんでおり、シーズン序盤から苦戦を強いられている。

それらを引き起こすポーパシング(ポーポイズ現象)は、特にメルセデスF1の車で過度に発生しており、ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンが被っている肉体的苦痛についての不満は、状況を助けるためにFIA(国際自動車連盟)の介入を引き起こした。

しかし、カナダグランプリの週末、メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンが3位、ジョージ・ラッセルが4位でフィニッシュして、今シーズン、ペースの面で最も競争力を示した。

メルセデスのF1チームのボスであるトト・ヴォルフは、モントリオールの週末は、ポーパシング問題(ストレートでの負荷が増加するにつれて車が上下する)が、チームが行った作業の後に根絶されたことを示しているとし、チームの焦点がどのように変わったかを概説。

しかし、メルセデスF1が車を適切に機能させるために必要な剛性と低い車高のセットアップの結果として、今の問題は、サーキットがでこぼこしているときに車がどれだけ地面にぶつかるかだと説明した。

「我々は、ポーパシングまたはバウンシングと定義するものを詳細に分析した。ポーパシング、車の空力運動であり、それは解決されたと思う。バルセロナ周辺でこれを乗り越えた」とトト・ヴォルフは説明した。

「それ以上に、車の乗り心地がドライバーのコメントの原因になっている。車は単純に硬すぎる。縁石での乗り心地が悪く、バンプでの乗り心地が悪いので、今はこの問題を詳しく分析しており、もっとうまく取り組むことができると言いたい」

トト・ヴォルフは、メルセデスF1が、ポーパシングで成し遂げた進歩により、ライバルと同様のセットアップウィンドウに車を入れることができるようになった考えている。

「我々が車に見ているのはとにかく剛性だ」とトト・ヴォルフは語った。

「上位チームの2台とアルピーヌからのスローモーションのいくつかを見ると、それらがハードに縁石でバウンシングしていることがわかりる」

「これがドライバーが実際に不満を言っていることであり、車の剛性だ。我々はどのように衝撃を減らすことができるかを調べなければならない。そして、もちろん、トラックが滑らかであるほど良い。縁石が低いほど、この現象はあまり見られらない」

カナダグランプリは、メルセデスがまだ車により多くのパフォーマンスをもたらす必要があることを強調しており、進歩を遂げるための鍵はより広い範囲の車高で車からより多くのペースを解き放つことを試みることであったとトト・ヴォルフは語った。

「我々は、車にもっと多くの負荷をかけ、より多くのダウンフォースをかける必要があると思っている。そして、我々が期待したほど地面に低くない車でも同様にそれを行う必要がある」とトト・ヴォルフは語った。

「それは明確な方向性だ。車がより高くなっているのを見ることができると思う。そして、それは我々がパフォーマンスを見つける必要がある場所だ」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1カナダGP