メルセデスF1代表、カナダでのF1チーム代表会議で“大激怒”との報道
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、モントリオールで行われたF1チーム代表会議で“大激怒”。その様相は2021年のチャンピオンシップを決定づけた物議を醸した裁定の後に伝説的ば爆発に並ぶものだったと報じられている。

FIA(国際自動車連盟)による“ポーパシング”の取り締まりを含めた問題を議論した会議で、情報筋によると、トト・ヴォルフは、レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーに“感情を突然爆発させた”という。

レッドブル・レーシングの上層部は、FIAによる“ナンセンス”な取り締まりが、グラウンドエフェクトカーでメルセデスF1によって動かされたと多くの人が信じている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「今日、(ルイス)ハミルトンはすぐに車から降りた」とF1カナダGPで3位表彰台を獲得したルイス・ハミルトンに言及した。

「どうやら彼が表彰台に立っているときは、彼の背中にとってはるかに楽なようだ」

一方、クリスチャン・ホーナーは「1つのチーム、メルセデスが最大の問題を抱えており、FIAはシーズンの途中で反応した」とコメント。

「現在、人々が車のセットアップを実際に決定する力をFIAに課そうとしていることが、考え抜かれていないことであるのは確かだ」

「1つのチームが目標を達成できなかったことで、シーズン途中にルール変更を行うのは不公平だ」」

クリスチャン・ホーナーと、2022年のF1チャンピオンシップのライバルであるフェラーリのマッティアビノットを含む他のチーム代表が、モントリオールでの会議でトト・ヴォルフと闘ったとき、明らかに花火があった。

ある情報筋は、会議でのトト・ヴォルフの猛烈な反応は「Netflixカメラがオンになっていたため」だったではないかとの疑問を抱くほどだったという。

「この状況は明らかに行き過ぎている」とトト・ヴォルフは主張した。

「政治的なゲームをプレイしようとしているチームのプリンシパルは不誠実だ。何らかの形で苦しんでいるのはメルセデスだけではない」

「しかし、これらの操作がバックグラウンドで行われているため、これらの伝言ゲームは少し難しい」
しかし、ヘルムート・マルコは、この問題に対するレッドブルのスタンスは、マックス・フェルスタッペンを含むドライバーの長期的な健康被害に加えて、純粋に競争上の理由によるものであることを否定した。

「ドライバーは我々が持っている最大の資産の1つだ」とヘルムート・マルコはORFに語った。

「我々は、彼らが最高の体調にあることを確認している」

また、ヘルムート・マルコは、ルールの変更を望んでいるメルセデスF1の戦略が裏目に出るかもしれないと警告した。

「すべてのパラメーターはリスクが高すぎる」とヘルムート・マルコは述べた。

「チャンスに身を任せているのだろ。しかし、それは主にそれについて最も不満を言ったチームに影響を与えるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1カナダGP