レッドブル&フェラーリ 「メルセデスF1はまだ我々に追いついていない」
レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは、メルセデスF1が2022年に彼らのすぐ後ろに追いついたとの見方を否定した。

メルセデスF1は、まったく新しい“グラウンドエフェクト効果”時代の序盤戦でひどく苦労したが、F1スペインGPではジョージ・ラッセルが表彰台に上がり、チーム代表のトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがトラックで最速のドライバーだったと考えている。

「まだ興奮状態ではないが、我々は大きな一歩を踏み出した」とトト・ヴォルフはORFに語った。

「我々はミッドフィールドから解放された。ルイスのペースは非常に強かったし、彼は勝利を争っていただろう」

トト・ヴォルフによると、大きな進歩は、メルセデスF1がポーパシングを「理解」したことだったが、スペインでの一歩はそれほど巨大なものではなかったと警告する人もいる。

「予選では、メルセデスはまだレッドブルとフェラーリにかなり欠けている」と元F1ドライバーのティモ・グロックはSky Deutschlandに語った。

「少なくとも彼らは少し近づいているが、メルセデスはこれからまた新たなアップグレードパッケージを追加する必要がある」

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、メルセデスF1がまだ追いついていないことに同意する。

「彼らは改善した。車を上手く開発したチームを祝福したい」とマッティア・ビノットは語った。

「しかし、フィニッシュでのラッセルのギャップを見ると、30秒だった。そして、予選では0.7秒だ。まだ大きい」

「我々はまだ心配する必要はないと思っている」とマッティア・ビノットは付け加えた。

一方、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは「メルセデスはまだ深刻な敵ではない。セルジオ・ペレスがラッセルを簡単に追い抜いたとき、それを見ることができる」と語った。

「しかし、彼らは近づいている。そして、おそらくそれは私たちが望むよりもさらに速く起こっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / レッドブル