メルセデスF1、ハミルトンの車の追加のセンサーから価値ある情報
メルセデスF1は、オーストラリアGPでルイス・ハミルトンの車にデータセンサーを搭載したことは、余分な重要が追加された以上の価値があると考えている。

2022年のバーレーンとサウジアラビアの開幕2戦では、メルセデスF1が“オーバーウエイト”と認めるW13の負荷を軽減する方法として、ルイス・ハミルトンの車にはセンサーが搭載されなかった。

しかし、メルセデスF1はそれらのセンサーから情報を収集できないことが大きなミスであったことに気づき、F1オーストラリアGPではルイス・ハミルトンの車に予選と決勝でセンサーが搭載された。

最終的にルイス・ハミルトンは、チームメイトのジョージ・ラッセルに次ぐ4位でフィニッシュ。だが、メルセデスF1はまだ希望する競争力を手に入れることに苦労している。

F1オーストラリアGPを振り返る動画のなかで、メルセデスF1のモータースポーツ・ストラテジー・ディレクターを務めるジェームス・ボウルズは、ルイス・ハミルトンの車のセンサーから得られたデータについて説明した。

「センサーを付けていたのは確かだ。我々は常に良く理解し、組織としてデータドリブンである必要がある」とジェームス・ボウルズは語った。

「車が重すぎるからといってセンサーを外すことは、情報が失われることを意味する。それは痛手だった。最初の2つのレースからの結論は、その結果として答えのない質問があまりに多すぎるということだった」

「ノーマルな年では、車にセンサーを搭載しないことは考えすらしないだろう。何が起こっているのかを確実に理解するために、必要なものを追加する。しかし、明らかに今年はノーマルな年ではなく、車はオーバーウエイトだ」

「2台の車の間でどのように機能したかという点では、ジョージとルイスのレーシングカーを構成する何千ものコンポーネントがある」

「そして、それらのコンポーネントの重量は正確に同じではない。あちこちで数グラムのばらつきがあり、レース中の2台の車の間のFIAスケールに記載された実際の車の重量は、互いに数グラム以内でした。ルイスはこれらの余分なセンサーを搭載することによって素晴らしい仕事をした」

「最終的には、犠牲は小さく、2台の間のグラムの問題だった。これが私たちが望んでいたことだ」

「質問の大部分に答えるために、我々は良いデータを手に入ることができた? 絶対的にそうだ。このデータから、当然、すべてを覆すことができる何かを見つけて、1つのレースで解決策を見つけられるわけではないが、それは前進するために何をする必要があるかについての手がかりと理解を提供してくれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1オーストラリアGP