メルセデスF1技術代表 「レギュレーションの解釈を間違うチームは出てくる」
メルセデスF1の最高技術責任者であるジェームズ・アリソンは、まったく新しいF1レギュレーションの解釈を“ひどく間違えた”2022年F1マシンで“ひどく苦痛なシーズン”を過ごすF1チームが出てくると考えている。

今シーズン、F1チームはレギュレーションのリセットに直面している。これは、2009年以来となるルールブックの大幅な改訂であり、変更の中心にはグラウンドエフェクトカーがあり、フィールドを引き締め、コース上でのショーを改善することが期待されている。

新しいF1レギュレーションは、イノベーションの範囲を意図的に制限する一方で、各チームの創造的な精神がルールに独自の持ち味を加えることで、新しいアイデアや大胆なアプローチを生み出す可能性がある。

F1チームは、2月下旬にバルセロナのカタルーニャ・サーキットでスタートするプレシーズンシーズンで初めて2022年F1マシンロールアウトする。誰もが新しい設計を正しく理解することを期待しているが、ジェームズ・アリソンは、いくつかのチームは必然的にそれが“ひどく間違っている”ことを恐れていると考えている

「我々のチームの全員、そして他のすべてのチームの全員が、この新しいレギュレーションセットにハッピーにマッチするデザインとアプローチを見つけるために最善を尽くしている」とジョームズ・アリソンはメルセデスF1チームのYouTubeチャンネルで公開された動画で語った。

「そして、今シーズンのスタート、そこから展開するレースで、それがどのように振りほどかれるかを我々全員が一緒に知ることになるだろう」

「マシンは非常に新しくて、非常に異なっていることを考えると、実際にグリッド上の1台か2台のマシンがそれをひどく間違うだろうと想像する。彼らはひどく苦痛な年になるだろう」

「我々全員が、ある程度、予想外のことをテーブルに残したままにしてる思う。そして、他のマシンを見て 『ああ、どうしてそれを考えなかのだろう?』と考えるはずだ」

「それから我々はそのアイデアをできるだけ早くマシンに取り入れようとスクランブルをかけることになる。そうすることで、最初のレースで着地した位置から前進することができる」

「あるいは、運が良ければ前に出て、攻撃してくるオオカミを後ろに置いておくことができる」

「大急ぎで行うことになるし、間違いなく我々全員がシーズンを通してあまり多くの睡眠をとることができなくなるだろう」

2014年のハイブリッド時代の到来以来、F1を支配してきたメルセデスF1にとっては、レギュレーションの見直しは、その覇権を維持するための挑戦となる。

しかし、ジェームズ・アリソンは、メルセデスF1が“楽しさと味わい”を感じながらF1のリセットキャンペーンに取り組んでいると語る。

「レギュレーションがこのように大幅に変更される場合、我々はその挑戦に値するすべての楽しみと楽しみをもってそれにアプローチする」とジェームズ・アリソンは語った。

「我々の仕事は、技術的な機会とレギュレーションを探し、ウィットとスキルを組み合わせて、我々が集合的に行うすべての努力を使用して、他の誰よりも優れたマシンの構成を見つけることだ」

「すべてがこれほど新しいときは、古いものの2倍の厚さのあるレギュレーションセットのどこを見ても機会がある」

「機会があり、もちろん、危険がある。そして、我々は潜在的な地雷原を通り抜け、地雷の間に置かれている可能性のあるすべての小さな宝箱を拾い上げて、グリッドの前に飛び込むことを期待するマシンを完成させようとする」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン