メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』で“シルバーアロー”復活
メルセデスF1は、2022年のF1世界選手権で従来の“シルバーアロー”のカラーリングを復活させることを決定したとBildが報じた。

今年、コンストラクターズタイトル8連覇を達成したメルセデスF1は、ルイス・ハミルトンによる“ブラック・ライヴズ・マター”運動へのサポートを表明するものとして、過去2シーズンでブラックのカラーリングを使用してきた。

しかし、ルイス・ハミルトンのチームメイトとして、バルテリ・ボッタスに代わってジョージ・ラッセルが加入する2022年、メルセデスF1は、以前のシルバーのカラーリングに戻すことを決定したとBildは伝えた。

メルセデスF1にカラーリングの変更を要求したことを認めているルイス・ハミルトンだが、メルセデス・ベンツに最も関連付けられたシルバーのカラーリングに戻すことは問題ないと考えている。

10月初旬、ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1はブラックのカラーリングを辞めてシルバーに戻ることは“素晴らしい変化”になるだろうと語っていた。

「もともとはシルバーアローだ」とルイス・ハミルトンは語った。

「昨年、象徴性の観点からマシンをブラックにすることができるかどうか、そして、サポートの観点から今後何をするつもりかを尋ねたとき、僕はそれが特に長く続くとは思っていなかったので、僕たちがそれセカンドシーズンも続けたのは素晴らしいことだった」

「復活すれば、素晴らしい変化になるだろう。すべてのパートナーと協力していても、真に多様性を推進し続けているため、社内で行っている変更を妨げることはない」

「僕たちは良いプログラムを進めているし、違いはない」

夏に、ルイス・ハミルトンは、雇用と教育システムの両方でより大きな平等を確保することを目指して、英国で過小評価されているグループの若者に力を与えるためにミッション44を立ち上げた。

それは、ハミルトン委員会がモータースポーツ業界の多様性を改善するための調査結果と推奨事項を発表した直後に起こった。ルイス・ハミルトンは「それらが確実に実行されるようにすることに個人的に取り組んでいます」と述べた。

メルセデスの側では、2020年の終わりに向けてAccelerate 25プログラムを発表し、2025年までにチームのすべての新入社員の25%が過小評価グループからることを目標とした5カ年計画を発表している。

F1アブダビGPでマックス・フェルスタッペンに物議を醸した状況でドライバーズタイトルを失って以来、ルイス・ハミルトンはメルセデスとさらに2シーズンの契約を結んでいるものの、来年の彼の計画についてはまだ何も確認していない。

弟のニコラス・ハミルトンは、103回のF1レース優勝者は現在ソーシャルメディアから休憩しているだけだとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス