メルセデスF1 「ハミルトンのフロントウイング破損は0.4秒のロス」 F1サウジアラビアGP 決勝
メルセデスF1は、F1サウジアラビアGPでのマックス・フェルスタッペンとの衝突によってフロントウイングにダメージを負ったルイス・ハミルトンのマシンは、ラップあたり最大で0.4秒をロスしていたと考えている。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、1コーナーで同時に2台がワイドに出てしまう場面が見られ、その際にアドバンテージを築いたという理由で、フェルスタッペンはハミルトンにトップを譲らなければいけないというオーダーが課せられた。

マックス・フェルスタッペンはバックストレートで減速し、ルイス・ハミルトンはDRSで抜く返すことを意図したその選択に追い抜きを躊躇して、フェルスタッペンに追突。フロントウイングを破損した。

ルイス・ハミルトンのマシンは、3回目のスタンディングスタートでエステバン・オコンを接触したときにすでに小さなダメージを受けていたが、フロントウィングのエンドプレートのさらに小さな部分が脱落した。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングチーフであるアンドリュー・ショヴリンは、「タイムロスはどんどん増えていった。それは、彼がエステバンに挟まれ、エステバンがウイングを轢いていった後、0.1~0.2秒くらいで始まった」

「マックスとの接触の後、我々はその全体を失ったので、0.4秒近くまでパフォーマンスを失った」

ルイス・ハミルトンはファステストラップのボーナスポイントを獲得するために、ファステストラップを記録し続けた。アンドリー・ショブリンは、その定は完全にハミルトンに委ねられていたと語る。

「彼は非常に決心していて、我々はは2つのことを考えていた。他の人がタイヤに苦しんでいるのを見ていたし、ウイングがマシンに留まることは保証されていなかあ」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「ポイントを狙うか、安全にプレーするかは難しい決断だった。最終的にはルイスが決断を下した。彼は実際にフロントウイングが見えないという事実に助けられたかもしれない。彼が我々のようにテレビを見ていいたら、それについてもっとよく考えていたかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1サウジアラビアGP