メルセデスF1 「ハミルトンの優位性は予選シミュレーションでも予想外」
メルセデスF1は、ロサイン・インターナショナル・サーキットでダブルタイトル8連覇に向けたトリプルヘッダーのなかで“最も懸念していた”サーキットだったと語る。

メルセデスとレッドブル・ホンダは2021年シーズンを通して激しいバトルを繰り広げてきたが、メルセデスF1は過去2戦で優位に立ったように見える。

ルイス・ハミルトンの2連勝により、マックス・フェルスタッペンとの差は8ポイントに縮まったが、その一方で、コンストラクターズタイトルに関して、バルテリ・ボッタスのパンクリタイアによってメルセデスのアドバンテージは5ポイントとなった。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは、チームはルイス・ハミルトンの予選で0.455秒のアドバンテージに驚いたことを認める。

「ここは上手くいくとは思っていたが、我々は3戦のなかで最も懸念を抱いてやってきたトラックだった」とアンドリュー・ショブリンは説明する。

「土曜日の朝から、ルイスはすべてをコントロールしているように見えたが、マージンが0.1秒、0.2秒になるかどうかを予測することは非常に困難だった。それでもかなりハンサムなマージンだがね」

「あのような差になるとは思っていなかった。だが、すべてが最終ランによるものだ。ターン1は良かったし、そこからはちょっとした流れだったと彼は言っている」

「だが、現在彼は本当にゾーンに入っている。我々はあらゆるシミュレーションを行うことができるが、彼がマックスよりもはるかに前にいた説明するものは何もない。基本的には彼が本当に深く掘り下げて、必要なことを実行しただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス