メルセデスF1代表、フェルスタッペン“戦略的なファウル”発言の真意を説明
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1イタリアGPでルイス・ハミルトンと接触したマックス・フェルスタッペンの批判に“戦略的なファウル”という言葉を使用した真意を説明した。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンがピットアウトして合流した26周目に、最初のシケインで抜こうとしたが、ターン2でイン側のソーセージ縁石にヒットした後、ハミルトンのマシンに接触し、頭上に乗り上げて両者はリタイアした。

マックス・フェルスタッペンには次戦F1ロシアGPで3グリッド降格ペナルティが科されたが、トト・ヴォルフは、マックス・フェルスタッペンは“戦略的なファウル”を犯した憤慨した。

“戦略的なファウル”というワードを使用した真意についてトト・ヴォルフは次のように語った。

「いいや、彼が完全に責任を負っているとも、インシデントについて完全な判断を下したとは言っていない」

「私が言ったことは、私たち一人一人が認める必要のある偏見を持った戦術的なファウルと見なすことができるということだ」

「将来、他のドライバーのポイント獲得を止める唯一の方法が、連れ出すだけであるような状況は望んでいない」

「彼らはお互いにスペースを残し、お互いに激しくレースする必要がある。これまでとても楽しかったので事故を避けなければならない」

「ルイスの命を救ったハローを見たし、マックスはシルバーストンであのような大きな影響を与えた。誰かが本当に怪我をして介入するような状況にはなりたくない」

ルイス・ハミルトンは、スタートで失速して順位を落として挽回のレースとなった。

トト・ヴォルフは「皆さんにも良い日と悪い日があると思うし、チームには良い日と悪い日がある」

「2つがシンクロして走った場合にのみ、レースに勝つことができる。週末はそうではありませんでしたが、再編成して、はるかに強力に戻ってきたいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1イタリアGP / マックス・フェルスタッペン