メルセデスF1 「レッドブルの反応はフェルスタッペの過失を認めた現れ」 / F1イタリアGP 決勝
メルセデスF1は、レッドブルがルイス・ハミルトンの責任を按分することに消極的であることは、マックス・フェルスタッペンがF1イタリアGPの衝突で過失を犯したことを知っていることを示していると語る。

今年のタイトルを争うライバルは、モンツァでの日曜日のレースの途中で、最初のシケインでのポジション争いでホイール・トゥ・ホイールでクラッシュ。マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンのマシンに乗り上げるという劇的な衝突となった。

両方のドライバーは、グラベルになだれ込んで後、その場でリタイア。スチュワードは、マックス・フェルスタッペンにこのインシデントの“主な責任”があると見なし、次戦F1ロシアでの3グリッド降格ペナルティを科した。

レッドブルが、ルイス・ハミルトンに激しいレース後の攻撃を仕掛けたF1イギリスGPとは異なり、チーム代表のクリスチャン・ホーナーとアドバイザーのヘルムート・マルコは、メルセデスのドライバーを批判せず、レーシングインシデントだと結論付けた。

メルセデスのトラックサイド・エンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは、レッドブルの控えめな反応は、たとえ公に認めていなくても、マックス・フェルスタッペンが責任を負うべきだと感じた兆候であると信じている。

「ルイスはまったく悪いことをしておらず、我々はマックスが主に責任を負っていると強く感じた」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「ヘルムートとクリスチャンでさえ、ルイスを非難しようとしなかったという事実を見れば、マックスが間違っていたことを知っているように感じる
彼らはいつでもルイスを非難しようとするからね」

アンドリュー・ショブリンは、インシデントが最終的にルイス・ハミルトンの勝利もしくは“確実な2位”を犠牲にしたと確信している。

「マックスとのインシデントを脇におけば、ルイスにとってはダニエル(リカルド)だけとの戦いになっていただっただろう」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「そして、スプリントレースでの問題は、ランドが前方のマシンからトウを得ていたことにあった」

「だから、実際、ルイスがダニエルを抜けるかどうかの問題だっただろう。ルイスがテーブルに勝利があり、彼がそれを見ることができるときに入るあるの種のゾーンをご存じだと思う」

「最終的には良い小さな戦いだっただろう。だが、それを勝利に変えるには、コース上で抜く必要があった」

「最終的には、ルイスの勝利、確実な2位が犠牲になったと思う」

「競争力のあるマシンを持っていれば、3つのポジションを克服するのは比較的簡単だと常に感じるだろう。だが、それは過去のことだ。ロシアで良い週末を過ごすようにする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル