メルセデスF1、前言撤回「ハミルトンをピットに入れなかったのはミス」
メルセデスF1は、F1ハンガリーGPのスタンディングリスタートで残りの14台がスリックタイヤに交換するためにピットインするなか、インターミディエイトでルイス・ハミルトンをステイアウトさせて唯一グリッドに並べるマシンとした判断はミスだったと認めた。

レース直後、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは Sky Sports F1 のインタビューでその決定を支持し、その後、「100%正しい決断であり、私はそれを支持している」と繰り返し述べていた。

しかし、メルセデスF1が発表したF1ハンガリーGPのデブリーフ動画のなかで、テクニカルディレクターのマイク・エリオットは、ルイス・ハミルトンが1周後にスリックタイヤに交換するためにピットインした後、最後尾に落ち、集団から5秒強離れたことを考えれば、その判断を間違いだったと認めた。

その後、ルイス・ハミルトンは3位まで挽回し、ウィナーのエステバン・オコン(アルピーヌ)からわずか1.859秒でフィニッシュしている。

マイク・エリオットは、決定の理由を説明。ミスではあったものの、満員のピットレーンでのピットインを回避することで、アルファロメオがリリースしたキミ・ライコネンがニキータ・マゼピン(ハース)をリタイアに追い込んだ衝突のような、ピットボックスからリリースされる際の衝突のリスクが軽減されたことも強調した。

「明らかに、後から考えると、我々は間違った選択をしたが、それらの決定は本当にトリッキーであることを覚えておく必要がある」とマイク・エリオットは語った。

「我々はレースの最初の段階でどのタイヤを装着するかについて悩んだ。グリッドに向かうラップで雨が降り始めたため、インターが間違いなく正しい選択であることが判明した」

「赤旗の後にどのタイヤを装着するかについて悩んだが、すべてのマシンがインターを装着していた。そして、グリッドへのそのラップで、すべてのドライバーがインターを装着したにもかかわらず、他の人は彼らの考えを変えることに決め。我々もそうすべきだった」

「だが、現実には、チームとしての我々にとって、他のチームよりも実際には難しいかった。フロントカーであるとき、他の全員が何をしているのかを見ることはできない」

「さらに後方の集団にいれば、他の人が何をしたかを確認でき、それに応じて考えを変えることができる。その新しい証拠を自分の利益のために使うことができる」

「我々にとっての2番目の問題は、ピットレーンの1番目にピットボックスがあることだ。だから、ピットレーンに入って、ボックスすれば、すべてのマシンが通り過ぎていき、ルイスが出るのが非常に難しなり、我々を遅らせただろう」

「それに関する2番目の問題は、ピットレーンに強引に出そうとした場合、別のマシンと衝突する可能性がありことだ。我々は、実際にその一連のピットストップでそれが発生したのを目にした」

「我々が検討したのは、我々にとってベストな戦略は何か?ということだ。そし、て実際、我々はそれを保守的にしたいと思っていた。我々の主なライバルはさらに後方にいた。我々がやらなければならなかったのは、馬鹿げたミスを犯さないこと、別のマシンに衝突しないことだった」

「だが、列の最後で待たなければならなかったとしても、ピットインしたほうがよかっただろう」

また、マイク・エリオットは、ルイス・ハミルトンがピットインし、フィールドの残りの部分が彼に続いていたと仮定して、何番手でピットアウトしていたと思うかとの質問に対し、確信はないものの、トップ6に入っていた可能性があると示唆した。

「ピットボックスから出るためにピットレーンのギャップを見つけられるかに本当に依存するので、それを知るのはかなり難しい」とマイク・エリオットは語った。

「おそらく5番手か6番手くらいだったと思う。だが、先ほども言ったように、実際、我々とってにおより大きなリスクは、無理やり出そうとしてピットレーンで別のマシンと衝突しすることであり、保守的にならなければならなかっただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1ハンガリーGP