メルセデスF1、ジョージ・ラッセルを18インチタイヤテストに起用
メルセデスF1は、火曜日にハンガロリンクで実施するピレリの2022年の18インチタイヤのテストに現ウィリアムズのジョージ・ラッセルを起用する。

ジョージ・ラッセルは、2022年のメルセデスF1昇格が確実視されている。日曜日のF1ハンガリーGPを9位でチェッカーを受け、待望のウィリアムズF1との初ポイントを獲得した。

対照的に現在メルセデスのドライバーを務めるバルテリ・ボッタスは、オープニングラップでブレーキングをミスし、多くのドライバーをリタイアに追い込む接触事故を起こしている。

今後数週間でメルセデスF1は、2022年にバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用するという決断を下すと考えられている。

メルセデスF1は、育成ドライバーであるジョージ・ラッセルをピレリのタイヤテストに起用するようウィリアムズにリクエストし、チームはそれを受け入れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ピレリ / ジョージ・ラッセル