メルセデスF1、W12へのさらなるアップデートを示唆
メルセデスF1は、シルバーストンでW12に“最終アップグレード”パッケージを導入したが、残りのシーズンでそれ以上の調整を除外していない。

5連敗を喫していたメルセデスF1は、W12の計画を巡る紺頼を解消し、首脳陣はシルバーストンに最終的なビッグアップデートを投入することで意見を一致させた。

ルイス・ハミルトンは、改良されたW12で5月のF1スペインGP以来となる予選で最速タイムをマーク。タイトルライバルのマックス・フェルスタッペンとの衝突で10秒のペナルティがあったにもかかわらず、F1イギリスGPで優勝し、彼らの努力は報われた。

F1イギリスGP後のビデオで、アップグレードが望ましい効果をもたらしたかどうかを尋ねられたメルセデスの最高技術責任者であるジェイムズ・アリソンは「イエスと言えるだろう。それがシンプルで短い回答だ」と語った。

「それなりのエアロパッケージをトラックに持ち込んだ。パフォーマンスは確実に向上しており、非常に満足している」

「パフォーマンスが我々が想像していたよりも多かったか少なかったかは、コントロールされた実験を行う贅沢がないため、実施にはわかりにくい」

「その週末はそういった贅沢を与えられておらず、古いパッケージと新しいパッケージを何度も走らせて、毎回新しいタイヤでバック・トゥ・バック・テストを行うこともできなかった」

「それでも、すべてのセンサーを使用してマシンの測定を行い、前の週末と比較して以前のマシンのパフォーマンスを確認し、今週末のマシンと比較できるはできる」

「そして、それはすべて非常にうまく機能しているように見えた。次にストップウォッチを見ると、今週末に前進したフィールドに関連していることが分かる。レッドブルとのジャップをいくらか縮めることができれおり、その結果、より競争力のある週末を過ごすことができた」

「したがって、我々は週末からアップグレードについてかなり元気づけられて帰ってきた」

ジェームス・アリソンは、今回のものがW12の最後の主要な改造であることは確かであり、2022年F1マシンに“大部分”の焦点が移行されていることを確認した。

だが、そこで気になるのが“大部分”というキーワードだ。実査い、メルセデスF1は、適切な状況でW12にさらにいくつかのパーツをもたらすとしている。

「これ以上導入されることはあるか? あちこちにあるかもしれない」とジェームズ・アリソンは語った。

「しかし、我々の開発プログラムの広大で主要な産業努力であり、今年我々がもたらす最後の大きなパッケージだった」

「しかし、来年のマシンに現在行われている大きな努力から我々をそらすことなく、ある程度のパフォーマンスをもたらすことができることを効率的に見ることができるいくつかの調整がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス