メルセデスGP MGP W01
メルセデスGPは、2010年F1マシン「MGP W10」を発表した。

メルセデスGPは1日(月)、合同テストの会場であるバレンシアのリカルド・トレモ・サーキットのピットレーンで2010年の新車MGP W10を発表した。

メルセデスGPは1月28日(月)にドイツのメルセデス・ベンツ・ミュージアムで発表会を開催したが、そのときに披露されたのはブラウンGPの昨年マシンBGP001に2010年のカラーリングを施したショーカーだった。

MGP W01は、フロントセクションが特徴的。昨年のレッドブルRB5に見られたようにノーズ上のエッジ部分がフィンのようにせり上がっているがノーズは比較的低め。エンジンカバーは比較的コンパクトなものが装着されている。

メルセデスGPは、このあとニコ・ロズベルグがMPG W01での初走行を行う予定。

メルセデスGP MGP W01 画像

メルセデスGP MGP W01 画像 MGP W01 ノーズ MGP W01 サイドポッド

関連:メルセデスGP MGP W01 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス