メルセデスF1 「アンダーカットしかハミルトンに勝算はなかった」 / F1モナコGP 決勝
メルセデスF1は、F1モナコGPでルイス・ハミルトンにリスクを冒してアンダーカットを試みさせることしか勝算はなかったと考えている。

土曜日の予選でルイス・ハミルトンが7番手に沈んだ後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、戦略面でリクスを犯すことをいとわないと語っていた。

シャルル・ルクレールがスタートできなったレースで、オープニングスティントで6番手を走行していたルイス・ハミルトンは、29周目の終わりにピットに入り、ハードタイヤに交換した。

この動きはルイス・ハミルトンにピエール・ガスリーをアンダーカットすることを目的としていたが、アルファタウリ・ホンダF1の反応して1周後にガスリーをピットに入れて前を維持。ハミルトンは無線でフラストレーションを露わにした。

さらにセバスチャン・ベッテルとセルジオ・ペレスの両方にもオーバーカットされ、ルイス・ハミルトンにとって事態は悪化。最終的に再び7位に落としてフィニッシュした。

レース後、トト・ヴォルフは、メルセデスF1の戦略の背後にある考え方を説明。チームはアンダーカットがガスリーに先んじるための最良の方法だったと信じていると述べた。

「アンダーカットが我々にあった唯一のチャンスだったと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「外したタイヤを見えたが、バルテリ(ボッタス)のマシンと同じように何も残っていなかった」

「彼とストラテジストの間でアンダーカットをすることについてある程度のコミュニケーションがあったが、ガスリーの前に出るアンダーカットの方が可能性がはるかに大きいと感じた。そして、それは十分ではなかった」

ルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルとセルジオ・ペレスに場所を失ったことへのフラストレーションを無線で発散し、早めにピットに入る前に第1スティントでタイヤをセーブしていた理由を尋ねた。

ルイス・ハミルトンは、残りのラップのほとんどをピエール・ガスリーの後ろで立ち往生したが、後に「理由もなく彼の後ろ側にとどまるのは無意味だ」と言い、ファステストラップの1ポイントを獲得するために新しいタイヤに交換するためにストップを促した。

メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェイムズ・アリソンは「なぜ彼が不満なのかは理解できる」と語ったが、チームはルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの後ろに長く留まることを懸念していたと説明した。

「微妙なバランスの判断だったし、今日、我々は2つの選択肢のうちの間違ったものを選んだ」とジェイムズ・アリソンは語った。

「ルイスのタイヤににはまだ数周の走行できるゴムが残っていた。だが、ガスリーがすぐにピットストップしなかった可能性がある。そして、ガスリーが永遠に障害物としてそこに留まることを懸念していた」

「我々はどちらの方向にも良い選択肢はなかった。今日のようなことを防ぐために、アンダーカットをしなければならなかった」

「悲しいことに、アンダーカットを選択し、それを機能させなかったことで、世界は我々とは逆さまに進み、ベッテルとペレスにポジションを失ってしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1モナコGP