メルセデスF1代表、2021年のジョージ・ラッセルの起用をもはや除外せず
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のジョージ・ラッセルの起用を除外しなくなった。

F1サヒールGPで、メルセデスは、トト・ヴォルフが“巨大なしくじり”と表現するピットストップでの作業ミスでルイス・ハミルトンの代役として参戦したジョージ・ラッセルの勝利のチャンスを台無しにした。

そして、完全にジョージ・ラッセルの影に隠れてしまったバルテリ・ボッタスには大きなプレッシャーがかかっている。

元F1ドライバーのロバート・ドーンボスは「ボッタスは2021年の契約書を見るたびに『すでにこれにサインしている僕はなんて幸運なんだ』と考えるに違いない」と Ziggo Sport にコメント。

実際、バルテリ・ボッタスさえ、F1サヒールGP呉に自分の株が急落したことを認めている。

「状況を知らなければ、僕は完全に愚かなヤツに見えたかもしれないし、それは良いことではない」

「僕にとってはかなり悪いレースだった。人々にとって、新しい男がやって来て数年チームに所属している男を打ち負かしたと言うのは非常に簡単なことだ。理想的ではなかった」

1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、2021年にウィリアムズと契約しているジョージ・ラッセルが、バーレーンでバルテリ・ボッタスを「破壊した」と語る。

「今日メルセデスに空席があったら、ラッセルはそれを手に入れるだろう」とジャック・ヴィルヌーヴは付け加えた。

「彼はあのマシンを何年も運転していたようだった。」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ウォルフは、ジョージ・ラッセルは、はるかに小さなルイス・ハミルトンのコックピットにきとんとフィットしなかったにもかかわらず、それでも好パフォーマンスを披露していたと称賛する。

「彼は膝をぶつけていたし、関節部には血が滲んでいた」とトト・ヴォルフは語った。

「もし予選で5番手でレースがこのような状況であれば完全に問題なかっただろう。だが、彼はフロントローに並ぶ、レースにほぼ勝っていた」

「彼は我々の期待をはるかに超えていた」

同時に、トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルのパフォーマンスによってバルテリ・ボッタスが“計り知れないプレッシャー”にさらされていると認める。

「1発の速さでボッタスはルイスに非常に近い。いいときのボッタスがどのようなものを持っているかを我々は知っている」。

「彼は熊のような強さでシーズンをスタートしたが、チャンピオンシップが決まってパフォーマンスがかなり低下しているのも事実だ。ルイスとの戦いに生き残り、シーズン全体を通じてピークをにいなければタイトルを勝ち取ることはできない」

「これから彼とそれについて話し合わなければならない」

そして、衝撃的なことにトト・ヴォルフは、2021年の契約書にサインしているにも関わらず、2021年のドライバー交代を除外することはできなくなったと認める。

「来年のドライバープランは決まっている」とトト・ヴォルフは語る。

「ジョージはウィリアムズと契約を結んでいる。我々はバルテリと契約を結んでいる。メルセデスはその契約を守っている」

「しかし、絶対にないとは言い切れない。その時点で持っていた情報でしか作業することができないし、まったく考えていないときにあり得ないことが起こることもある。

「ジョージは遅かれ早かれ我々のマシンに乗るだろう」とトト・ヴォルフは付け加えた。

一部では、メルセデスがジョージ・ラッセルの起用を迷っている隙をついて、レッドブルはアレクサンダー・アルボンの後任として、ラッセルは奪い取るべきだとの意見もある。

関連:レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル