ミハエル・シューマッハ F1復帰 メルセデスGP 正式発表
メルセデスGPは、2010年のレースドライバーとしてミハエル・シューマッハを起用することを正式に発表した。ミハエル・シューマッハのF1復帰が正式に決定した。

メルセデスGPはすでにニコ・ロズベルグの起用を決定しており、ミハエル・シューマッハとのオール・ドイツ体制で2010年のF1を戦うことになる。

ミハエル・シューマッハは、2006年シーズンをもってF1を引退。同じく2006年にフェラーリを離脱し、過去に多くの勝利をともに勝ち取ったロス・ブラウンとのコンビを復活させる。

ミハエル・シューマッハ
「メルセデスGPペトロナスは、僕にとってスポーツと個人的状況の両方で新しい挑戦を意味する。僕のレーシングキャリアの新しい章であり、旧友であるロス・ブラウンやメルセデス・ジュニア・プログラムからの仲間と働くことを楽しみにしている。来年、一緒にF1ワールドチャンピオンを争えると確信しているし、すでにレーストラックに戻ることを楽しみにしている。僕にとって、このパートナーシップは原点に戻ってきたことになる。メルセデスは僕がF1キャリアを開始したときから長年僕をサポートしてくれた。今回は僕がスリー・ポインテッド・スターのブランドに恩返しできると期待している」

ロス・ブラウン (メルセデスGPチーム代表)
「本日、ミハエルが来年F1に復帰し、メルセデスGPペトロナス・チームのためにドライブすることを発表でき嬉しく思う。7度の世界チャンピオンというミハエルのF1での素晴らしい記録がそれ自体を物語っているし、彼と再び働くことを楽しみにしている。ドライバーラインナップの完成し、ミハエルとニコは、才能、経験、スピード、若さを完璧に複合したF1で最もエキサイティングなパートナーシップがあると信じている。我々は現在、新ーズンに向けての準備に完全に集中しており、メルセデスGPペトロナスの誰もが眼の前の挑戦に非常に興奮している。ダイムラー、アーバル、そして新しいタイトルパートナーであるペトロナスによる投資とサポート、そしてこのような2名の刺激的なドライバーによって、我々には2010年を再び成功したシーズンにするためのすべての要素が揃っている」

ノルベルト・ハウグ (メルセデス・ベンツ モータースポーツ副社長)
「1991年4月、私が6カ月間メルセデス・モータースポーツ・プログラムを担当していたとき、ある晩ミハエルがバルコニーで私の隣に立ち、少しの迷いもなく低い声で『僕がF1に乗ってもいい頃だ』と言った。ミハエルがちょうど22歳になったときであり、4か月後のスパで彼はジョーダンでデビューした。メルセデス・ベンツはこの時点で彼を助けた。そして、残りは歴史だ。どんなドライバーよりも多い7度のワールドチャンピオンタイトルを獲得し、どんなドライバーも多い91勝をあげた。ミハエルは他の全てのドライバーより全てにおいて多くのものを持っている。メルセデス・ジュニア・プログラムの一環として、ミハエルはグループCスポーツカーでレースをし、何度かDTMレースに参戦した。ロス・ブラウン、そして我々のライバルであるジャガーはすぐにミハエルの才能を見抜き、彼らはベネトンとフェラーリで7度のドライバーワールドチャンピオンシップタイトルを獲得し続けた。我々のスポーツの野心は、常にミハエルがプロとしてのキャリアをスタートさせた場所で再びドライブすることだったし、ミハエルはそれを知っていた。我々はF1のレース後にそれについてよく冗談を言い合い、ここ14年間で何度か真剣に見通しについて話し合った。1995年には起こらなかったし、1998年にも起こらなかったし、2005年にも起こらなかった。私は今、それが2010年に起こることを嬉しく思っている。ミハエルと働くことを本当に楽しみにしているし、メルセデス・ベンツとダイムターの誰もが19年前の“弟子”を非常に温かく迎えている。その弟子は、現在、前代未聞の最も成功したレーシングドライバーだ」

ニコ・ロズベルグ
「ミハエルがF1に復帰し、メルセデスGPペトロナスで僕のチームメイトになることは素晴らしいことだ。史上最高のドライバーに立ち向かうことは僕にとって大きなチャレンジだ。彼はスピードをまったく失っていないので、非常に強力なパートナーシップを築けると確信しているよ! スポーツとファンにとっても素晴らしいニュースだ」

関連:ミハエル・シューマッハ、メルセデスGPでのF1復帰が決定 - 2009年12月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | ミハエル・シューマッハ