メルセデスGP
メルセデスGPは、ヘンケルとのスポンサー契約についてトラブルとなっている。

接着剤などを販売するドイツ企業のヘンケルは、今年初め、メルセデスGPの前身ブラウンGPと9,000万ユーロの3年契約に合意していた。

ブラウンGPとの契約には、ヘンケルの元スポンサーシップ責任者が退職前にサインしたものだが、ヘンケルのカスパー・ローステッドCEOは、自身も役員会も承認していないとしており、契約の履行を拒否している。

元スポンサーシップ責任者は、請求書を偽造して債権回収業者に4,500万ユーロで売却したとして、横領と詐欺で捜査の対象となっている。

横領したとされえる金額の1,100万ユーロの行方不明になっているとされ、ロイター通信は、先月ヘンケルがメルセデスGPを相手に提訴したと報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー