メルセデスF1代表 「フェルスタッペンのハードスタートは大きな賭け」 / 70周年記念GP
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、70周年記念GPをハードタイヤでスタートするレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは順位を維持するのに苦労すると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、Q3に進出したドライバーのなかで唯一ハードタイヤでQ2を突破。5列目以内のドライバーのなかで唯一、決勝をハードタイヤでスタートする。

トト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンにとってハードタイヤでのスタートは大きな賭けだと考えている。

「ハードタイヤでスタートする場合、ポジションを維持するのが非常に困難になる。実際、うまくいかなければ、ポジションを失うことさえあり、その後、非常に困難になる」と Sky Sports F1 に語った。

「そのようなタイヤが非常に粘らなければ、戦略的なアドバンテージは得られない。そうすれば、ピットストップを遅らせることができる。またはセーフティカーが出て、ピットストップをしなくても良くなったときもね」

「私にとって、それは外部戦略だ。しかし、彼らは離されているため、ギャンブルをしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP / マックス・フェルスタッペン